ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

お金について学ぶ 国際シンポジウム

基調講演

(3) 経済力と文化力。両方がバランスのいい社会を目指す教育

寺脇 研(文部科学省/文化庁 文化部長)

寺脇 研いま最も大切なことは、経済教育やお金についての教育の前の段階として、まずこの社会がどうあるべきか、子どもたちにどういう社会のなかで生きて欲しいと願うのか、ということを考える必要があるということです。

文化庁が提案している「文化力」(「経済力」の対語として)というものの考え方は、単に文化を盛んにしようというのではなく、社会全体を経済的尺度と文化的尺度の両方がバランスよく取り込まれたものにしようということです。

なぜここで「文化力」を強調しなければならないかというと、20世紀後半の約20年あまり、私たちの社会は経済力のことばかりを考えて、文化力の方をほとんど忘れてしまっていたと思うからです。この10年、経済指標だけみれば失業率が増大したとか、いろいろな意味で景気が悪くなったといわれています。

ところが文化力という尺度から見たらどうでしょうか。私は豊かになったと考えています。例えば、交通機関利用の際のバリアフリー化は画期的に進んでいます。これは経済的尺度ではなく文化的尺度で評価すべきことだと考えています。

バブルの頃、私たちはお金がたくさんある人は幸せで、お金を少ししか持っていない人は不幸せという考え方に凝り固まっていました。経済的な尺度で測ると、すべてのことを損か得かの二分法で考えてしまうのです。

私たちの提案する文化力とは、損か得かということではなく、気持ちがいいことか悪いことかの尺度で考えていこうということです。そうすれば私たちの社会、生き方、生活を見直していけるのではないでしょうか。

ですから教育もいままでの得になることを目指す教育から、損か得かはもちろん大事ですけれども、同時に気持ちのいい生き方をするためにはどうあるべきか、と考える教育に変わっていかなければならないと思います。

社会と経済は不即不離の関係にあります。お金に関する教育で、知識の教育は進んでいますが、決定的問題は、これまでお金に対するものの考え方、すなわち社会に対するものの考え方についての教育が不足していたということです。ここのところをどのように結びつけていくかが問われなければなりません。

新しい学習指導要領で導入された総合的な学習の時間や、学校以外のNPOやボランティア活動等を通じて、子どもたちが社会・経済と自分の生活との関わりをしっかりと考えていけるような教育が何より大切だと思っています。


著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報