ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育フェスタ

金融教育フェスティバル2006

実施報告

6F 知るぽるとタウン みんなで体験!おかねの街

集会場 (センターステージ)

5. お父さんお母さんのための日本経済入門

開催時刻:17:40~18:20(40分)
定 員:105名

講 師:土居 丈朗 氏(慶応義塾大学経済学部 助教授)
http://web.econ.keio.ac.jp/staff/tdoi/

経済の基本をわかりやすく講義します。
「今日の日本経済」についてあらためて学ぶ良い機会にしてください。

配布資料(PDF 428KB)

日本経済について、お金の流れからわかりやすく解説していただいた、“お父さんお母さんのための日本経済入門”。銀行へ預ける〈預金〉、企業の株式を保有する〈株式投資〉、企業に“お金を貸す”〈債権投資〉、“国にお金を貸す”〈国債〉、主に保険会社や郵便局が扱っている、〈投資信託〉など、様々な形で、多くの国民は、日本経済の動きに関与しています。

土居先生


日本経済においては、全金融資産の中で最も大きな割合を占めているのが、銀行にお金を預けている『預金』です。しばしば、“日本にはメインバンクシステムがある”といわれるのは、このことによります。つまり、皆さん1人1人がお金をどこに回すかという選択の結果、その多くを銀行に預金しているということです。

一方借りる側としての特徴は、民間企業で言うと、直接銀行で借りることよりも、むしろ株や債券でお金を借りる企業が増えています。また、意外に多いのが国が発行する〈国債〉です。いわゆる“財政赤字”です。この〈国債〉に対する赤字を返すのは、税金によるわけですから、いくらお金を国に貸していると言っても、自分たちの税金で返してもらうことになり、しかもそのために増税されかねません。

ステージの様子[1]


ここで、そのようなことなくお金が還って来るかどうか、重要なのは、経済成長率です。ここ数年、経済瀬長率は右肩上がり企業が元気になりつつあります。すると更なる設備投資などで多少金利が高くても、借り入れして設備投資をしたりします。そして、その金利を決定する日本銀行の役割が、重要になってきます。この金利の動きが、次の日本経済を左右する重要な鍵といえます。

資料


このように、日本の経済は、銀行や、証券会社、国だけがコントロールしているのではなく、皆さん一人一人の資産によって、大きく左右されているのです。

会場の様子

土居先生


ステージの様子[2]

ステージの様子[3]


6F 知るぽるとタウン みんなで体験!おかねの街の目次

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報