ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

なぜ、おこづかい帳をつけるんだろう?

おこづかい帳をつけさせる目的

おこづかい帳をつける目的は、お金を計画的に使う練習をするためといってもいいでしょう。収入がいくらあって、何に、いつ、いくら使ったか、さらに今、いくら持っているか、頭の中に記憶しておくのは困難です。記録を残すことによって収支を把握することができます。

子どもはおこづかいを使いすぎて欲しい物が買えなかったり、よく考えたら後悔するものを買っていたり、失敗も経験するでしょう。おこづかいの記録をチェックすることで、自分のお金の使い方のくせに気づき、より価値ある使い方ができるようになります。

さらには、予算を立ててお金を管理できるようにフォローしていきましょう。

おこづかい帳をつけ始めるタイミング

おこづかい帳をつけさせ始めるタイミングとしては、定額のおこづかいを与え始める際に、おこづかい帳の記帳を条件にするといいでしょう。最初は記帳の仕方を教え、しばらくは要領をつかむまで一緒につけましょう。

記録の習慣づけ

子どもに助言

子どもにとっておこづかい帳をつけ続けるのは相当の根気がいる作業です。習慣がつくまでは子どもが買い物をした日のうちに声をかけたり、おこづかいを渡した時にチェックしたりしましょう。ちゃんと記帳ができていたらしっかりほめましょう。そのうえで買ってよかったものなのか、後悔するものだったのかなど振り返らせ、子ども自身の工夫を促すことで、子ども自身がお金を計画的に管理できるようになります。

現金と残高が合わない!

子どもにおこづかい帳をつけさせると、手元にある現金と残高に誤差が生じることがあります。現金が足りない、または現金が多すぎるといった事態です。

でも、家計簿もおこづかい帳も、現金と残高を合わせるためだけにつけているのではありません。どんなお金との付き合い方をしているのかを見直し、これからどのようにやりくりするか計画を立てるためです。

誤差が生じたことに目くじらを立てるのではなく、子どもがお金と上手に付き合えるようになるための手助けをしてあげましょう。子どもが大人になってお金の面で自立できるように。

もっと調べたいときには・・・

金融教育プログラム 小学校における金融教育の指導計画例
「おこづかい帳を記録してみよう」で授業の実践例を見ることができます。

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報