ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

ものの値段っていつも同じ?

ものの値段の決まる理由は色々とありますが、まず「売っているものの数と欲しい人数との関係」は重要です。例えば洋服の場合、季節の始まりには「早く買って長く着たい」と思う人がたくさんいるので定価で販売されます。しかし季節が終わりに近づくと、もう着られる期間が短いからと買うのを控える人も出てきます。そのため、売れ残り品をつくらないように、店はバーゲンセールを行って値段を下げてでもできるだけすべて売ろうとするわけです。

このように、ものの値段は、ものを売ろうとする供給側と買おうとする需要側とのバランスにおいて決まります。いくら需要が多くても供給が追いつく場合にはある程度の値上がりですみますが、果物、魚などの初モノでは、供給が少ないので、驚くほどの高値となることがあります。また1980年代後半には、転売目的での土地の買い占めが過熱したため、地下が高騰する「バブル」と呼ばれた状況も出現しました(その後、地価はバブルが破裂して下落しました)。

用語集もご覧下さい。

もっと調べたいときには・・・

にちぎん☆キッズ(日本銀行へリンク)
「お金のかち」でねだんの決まるしくみがわかります。

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報