ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

銀行に預けたお金ってふえるの?

じっくり待てば、いいことがあるよ。

銀行などにお金をあずけてみよう!

銀行などのまどぐちは、ほとんどの場合、平日の午前9時から午後3時まで開いています。お年玉をもらった冬休みや、夏休みなどに、おうちの人といっしょに銀行などに出かけてみましょう。

銀行などにお金をあずけることを「よきんをする」と言います。よきんするには、自分せんようの「こうざ」をまずつくります。こうざをつくるときには、あずけたいお金とハンコ、それに、健康ほけんしょうなど、本人であることをしめす書類が必要です。

まどぐちでは、書類に氏名や住所、電話番号を記入して、ハンコを指定されたところに押しましょう。また、通帳をつくって、お金を入れたり、出したりしたときには、いつも記録しておくようにしましょう。

よきんを引き出すときには、書類に記入してハンコをおしてまどぐちで手続きしますが、キャッシュカードを作っておくと、ATMという機械で引き出すことができます。キャッシュカードを作る場合には、あんしょう番号を自分で決めます。忘れない番号にしなければなりません。しかし、生年月日のように、ほかの人にわかってしまうような数字はさけましょう。

銀行に預けたお金に利子がつくのはなぜでしょう?

よきんをずっと続けていると、通帳に「利子(利息)」と書かれ、ちょっぴり増えていることに気づくことでしょう。では、どうして利子がつくのでしょうか。

銀行は、みんながあずけたお金、すなわちよきんを、お金が必要な会社や人に貸しています。お金を借りた人は、借りたお金より少し多く返さなければいけません。その、少し多く返すお金を、借りたお金に対する利子といいます。銀行は受け取った利子の中から、お金をあずけてくれた人へ、あずけてくれたお礼として預金の利子をはらいます。

お金を預ける人とお金を借りる人の関係は、次のようになっています。銀行からお金を借りた会社や個人は、借りたお金に利子を足してお金を返し、銀行にお金を預けた預金者は、あずけたお金と利子を返してもらいます。

このテーマも学んでみよう!

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報