ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融商品なんでも百科

(平成27・28年用)

金融商品をめぐる環境変化と適切な金融行動

直接金融の拡大と適切な金融行動の重要性

かつて金融の仕組みは、個人と企業などとのお金のやりとりが銀行や信用金庫などを仲立ちとして行われる間接金融が中心でした。個人は銀行などにお金を預け、それを銀行は企業に設備投資資金などとして、また個人に住宅ローンとして融資したりします。貸出す資金が回収されるかどうかのリスクは銀行が負い、個人は基本的に預貯金で貯蓄していれば一定の金利を得ることができます。また以前は、さまざまな規制により金融機関の競争が制限され、金融商品の種類も限られ金利も同じで、生活者にとって金融商品の選択の余地があまりありませんでした。こうした時代には、私たちが金融商品を選ぶ際に、金融機関経営の健全性や金融商品の安全性の十分な判断をしなくても済んでいたといえます。

しかし、こうした環境は変わりました。現在は間接金融に加えて直接金融の仕組みが広がっています。個人は銀行などを仲立ちとすることなく、金融機関で直接、株式や債券を購入することにより、直接企業にお金を投資する機会が多くなっています。その場合株式や債券が値上がりすると、その収益は直接個人にもたらされます。また金融機関の競争によって、私たちは多様な金融商品・サービスを選択して、より高い収益性や利便性を追求できるようになっています。

規制緩和と直接金融の拡大により期待される生活者にとってのメリット

【規制緩和と直接金融の拡大により期待される生活者にとってのメリット】選択肢の拡大:金融商品の設計・開発が活発化し、商品・サービスの選択肢が拡がる。手数料の引下げ:手数料が低下したり、今までの手数料でより多くのサービスが得られる。利便性の向上:金融機関や金融商品から受けられるサービスの質が向上する。

間接金融と直接金融

間接金融と直接金融

他方、株価や債券価格は変動するので、その価格変動リスクや信用リスクなどは、個人が直接負うことになります。市場性のある投資信託等は銀行等でも購入できるので、元本保証のある預貯金と混同しないよう注意が必要です。手数料等のコストも金融商品によってさまざまです。また、何に投資しているのか、どんなリスクをとっているのか、仕組みがわからないと、どの商品を選んだらよいのか、わかりません。このように選択の幅が拡がる反面、多様な金融商品や金融機関を自分に合うように選択し、自ら責任をもつことが求められています。

このように、自分の責任に基づいて、金融商品を自分で適切に選択する、という意思決定と金融行動が大切になっています。

金融商品をめぐる環境変化と適切な金融行動の目次

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報