ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

介護保険

もっと詳しく知りたい「介護保険」

介護保険を上手に使いこなす
~末期がん、要介護1以下でも特殊寝台等利用が可能に

末期がんの患者も介護保険を利用できますが、介護認定に時間がかかり、認定を受けたときの要介護度が低く、病状が急に悪化したときに本当に欲しいサービスを利用する前に亡くなる人が多くいました。
第2号被保険者の要介護状態などの原因となる特定疾病でも、脳血管疾患と末期がんが65%弱を占めています。 そこで、実態に即した救済として、がん患者の認定の迅速化(平成22年4月)と保険者の判断で特殊寝台等の福祉用具の貸与(平成22年10月)が公表されました(厚生労働省)。

がん患者が在宅で訪問看護を利用できれば自己負担は1割、医療保険の原則3割より負担は軽くすみます。ただ、末期と医師に宣告されたとき、特殊ベッド等の貸与の条件の要介護2以上に該当しないこともありました。

そこで、要支援や要介護1の人でも、急速に症状が悪化し、起き上がりや寝返りなどが難しくなると予測される人には、主治医の意見書や医師の診断書とケアマネジャーの意向を書類で確認すれば、指定福祉用用具の一部の貸与が可能になりました。

福祉用具などの貸与
(下線は要支援や要介護1の人でも条件を満たせば貸与可能なもの)

(1)車椅子
(2)車椅子付属品
(3)特殊寝台
(4)特殊寝台付属品
(5)床ずれ防止用具
(6)体位変換器
(7)手すり(取り付け工事伴わないもの)
(8)スロープ
(9)歩行器
(10)歩行補助杖
(11)認知症老人徘徊感知機器
(12)移動用リスト(つり具部分除く)

在宅で介護保険を利用する

自宅で介護を受ける場合、本人や家族とケアマネジャーやヘルパーなど専門職との連携も大切です。訪問介護や訪問看護などを利用しつつ、デイサービスやショートステイなどと組合せて介護内容を充実させるといいでしょう。

関係者の訪問は、とかく引きこもりがちな本人や家族を活性化させます。定期的に訪問することで、規則正しい生活習慣も身につきます。また、1人暮らしの高齢者の見守りの効果もあります。

在宅介護サービスの内容
利用者の自宅を、ヘルパー・介護福祉士・看護師などが訪問してサービスを提供する。
・訪問介護・訪問入浴介護・訪問看護・訪問リハビリテーション・居宅療養管理指導
利用者が施設に通いサービスを受ける。
・通所介護(デイサービス)
・通所リハビリテーション(デイケア)
利用者が施設に短期間入所しサービスを受ける。
・短期入所生活(療養)介護(ショートステイ)
特定施設に入所の利用者がサービスを受ける。
・特定施設入居者生活介護
利用者の自宅の環境改善(1割負担で貸与・購入)
・福祉用具貸与(介護ベッド・空気マット・松葉杖等)
・住宅改修費の支給(室内・廊下等の手すり取り付等)
・特定福祉用具販売(腰掛便座、特殊尿器等)
地域に住む利用者がサービスを受ける(地域密着型)
・夜間対応型訪問介護・小規模多機能型居宅介護
・認知症対応型通所介護
・認知症対応型通所介護(グループホーム)など

施設で介護保険を利用する

自宅で介護を受けることが大変になった場合、施設に入所して介護保険を利用して暮らすこともできます。公的介護保険の施設と言えば、特別養護老人ホーム、老人保健施設、介護療養型医療施設ですが、最近は、高齢者施設の経営に参加する企業も増え、民間施設の種類も増えました。ますます「消費者の見る目」が求められます。


時間をかけて「終の棲家」を手に入れた有馬さん夫婦(70代)の場合

春子さんの隣に住んでいた有馬さん(70代)夫婦が、自宅を売却して「介護付き有料老人ホーム」に転居しました。前から一度遊びにいらっしゃいとお誘いを受けていた春子さん、ホームに伺って奥様の和子さんに転居のいきさつや心境など聞いてみました。

春子さん
お久しぶりです。ますますお元気そうですね。

和子さん
すっかりここの暮らしが気にいっているのよ。たくさん見学して決めた甲斐があったわ。

春子さん
早速ですが、お聞きしていいですか。そもそも何で有料老人ホームに入居しようと思われたのですか。

和子さん
夫の母の介護で近所の人に迷惑をかけたからなの。義母は認知症で徘徊がひどく、そのたび探すのが大変だったの。自分の子どもたちだけにはこんな苦労させたくないと思ったのよ。

春子さん
施設探しに、ご主人様の協力はあったのですか。

和子さん
夫も母のことで妻に苦労させたと感じていたみたい。全面的に協力してくれたわ。

春子さん
例えばどんなことでしょう。

和子さん
地方に旅行に行くと、必ず夫婦で有料老人ホーム見学をしたの。そうね、全部で20ヶ所以上見学したかしら。それで今のホームに決めたのよ。

春子さん
入居してよかったと感じることは何ですか。

和子さん
介護が必要になったとき入居できる「介護棟」があるので安心なことね。いつでも入浴できる浴場があり、食事はおいしく、友人も沢山できたこと。夫は大好きなマージャンを思う存分楽しんでいるわ。

春子さん
早めの準備と行動で、今の笑顔があると言うわけですね。

終の棲家に転居する年齢や理由は人により様々。いずれにしても介護保険サービス利用をどこまで賢く使えるかと入所判断の時期が生活の質に関係してきます。

著名人・有識者が語る

  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報