ホーム  暮らしのマネー情報  暮らしを守る「保険」  わが家の味方「生命保険」

わが家の味方「生命保険」

生命保険会社が経営破綻に陥ったり、新しい保険が続々と発売されたりと、ここ数年で生命保険は大きく変わっているように思えます。

しかし、実は、生命保険の仕組みそのもの、生命保険選びの基本は変わらないのです。新しい情報に惑わされることなく、自分に合う保険を、しっかりとした選択眼で選びたいものです。大切なのは、何よりも基本です。

生命保険は家を建てるときの土台に相当します。いくら立派な建物を建てても、土台がしっかりしていないと、台風や洪水で壊れてしまいます。一方で、土台にお金をかけすぎるのも無駄で、その分、建物が小さく粗末になってしまいます。

大切なのは、建物(貯蓄)と土台(保険)のバランスです。台風(不測の事態)にあっても壊れない土台を、できるだけ安い価格で手に入れるのが理想なのです。

限られたページ数では、保険のすべてを語ることはできませんでしたが、大切なポイント、特に保険に対する基本的な考え方はお伝えできたかと思います。このコーナーがあなたの保険選びの手助けになれば幸いです。

ファイナンシャルプランナー 中村芳子

プロフィール:
1961年長崎市生まれ。アルファ アンド アソシエイツ代表取締役。FP会社勤務を経て91年独立、(ファイナンシャルプランナーとして)資産運用や生命保険のコンサルティング、執筆、講演などを行っている。著書に「図解 生命保険のカラクリがわかる本」東洋経済新報社など多数。

ホームページ:
アルファ アンド アソシエイツ http://www.al-pha.com/fp/

2003年(平成15年)11月改訂