ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

平成14年度「全国金銭教育協議会」

(2)分科会報告、意見交換

梶原 康史(武庫川女子大学教授)

第3分科会(小学校)

発表があったのは、石川県輪島市立三井小学校と、愛媛県保内町立喜須来小学校である。

両校とも総合的な学習の時間を中核に据えて展開しているが、前者(三井小学校)は、1年目の徹底的な体験的学習に対して、大切なことを発見した。1つは、汗することは大切であるが、嫌々ながら働いても学習活動につながらない。活動や労働に喜びや充実感を得るようにする工夫が必要なこと。2つ目は、体験だけでは深まりが足りない。本から、先人から、地域の人からなど、さまざまな情報を得て思考を深める必要があること。

そのため、2年次からは、(1)同じ働くにもよく考えて働く-いつ、種を蒔けばよいのか。どうすれば作業が能率的かなど。(2)朝の読書、道徳の時間、地域の人々との交流などを通して、「知」の部分の深まりをめざすことにしたことである。

そして2年間を通して、ふるさとの自然と人々のくらしを考え、働くことの意味、収穫の喜び、自然の恵みへの感謝、無駄なく使い切ることの大事さなどを学ばせている。

後者(喜須来小学校)は、総合的な学習の時間を中核にしながらも、教科、道徳、特別活動の各領域の目標や内容をも考慮に入れ、それこそ総合的に学習を進めている。

生命や自然、ものやお金の価値に気づき、主体的に考え、取り組む態度を育むことは、社会科、家庭科、図工科などのねらいや内容である。生命や自然、ものやお金の価値を知り、大切にしようとする心情(節度、節制、自立、思いやり、親切、友情、信頼、助け合い、生命の尊重、勤労)を育てることは道徳の時間のねらいであり、内容であり、その実践力を育てることは、特別活動のねらいや活動である。

それら各教科、道徳、特別活動での金銭教育とかかわるねらいや目標を年間指導計画のなかで、時期を合わせ、それぞれの目標、内容を関連付けながら展開すれば、その実践的、自発的(個別的)な活動にかなり多くの時間が必要になってくる。

それを3年生の総合的な学習の時間の「ふるさとじまん大会」で発展し、身近な職業や仕事に関心を持ち、深め合うことに導いている。4年生では「暮らしやすい町|き・す・き」でごみの減量化やリサイクルについて考え、クリーン作戦を計画・実践している。5・6年生では「ふるさとフィールドワーク」で決められた予算で出店を計画し、グループごとに世界の料理を作っている。

大切なことは、総合的な学習の時間といえども「ものやお金を有効に活用する」ことのねらいから逸れないことである。


著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報