ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

家計の金融行動に関する世論調査

家計の金融資産に関する世論調査[二人以上世帯](平成15年まで)

貯蓄と消費に関する世論調査 平成11年調査結果

II 金融環境に対する認識

2. 金融システム問題

(1)取引金融機関の経営内容に対する受け止め方

自ら取引している民間金融機関の経営内容に対する受け止め方としては、「経営内容は健全だと思っているので、不安はない」が前年比△4.2%ポイント減少している。

(図表 7)取引金融機関の経営内容に対する受け止め方<問18(b)>
(図表 7)取引金融機関の経営内容に対する受け止め方<問18(b)>

(2)金融情勢に対する評価

今後1~2年間の金融情勢に対する評価は、「現状と変わらない状況が続く」との見方が前年比+8.7%ポイント増加する一方、「さらに混乱する」との見方は減少。

ただ、上記のとおり、自ら取引している民間金融機関の経営内容についてはむしろやや厳しめの見方になっていることを考え併せると、生活者自らの金融環境に対する不透明感は引き続き根強い。

(図表 8)今後1~2年間の金融情勢に対する評価<問18(c)>
(図表 8)今後1~2年間の金融情勢に対する評価<問18(c)>

(3)金融機関の経営破綻に関する経験

金融機関の経営破綻に関して、「取引中に金融機関の経営が破綻するという経験をした」世帯は8.8%となっており、「自分は直接経験していないが、友人や知人が破綻を経験した」は15.2%となっている。

(図表 9)金融機関の破綻に関する経験<問18(a)>
(図表 9)金融機関の破綻に関する経験<問18(a)>

(4)預金保険制度ほか各種セーフティネットの認知

この間、預金保険制度を知っている世帯は、全体の4分の3近くまで増加。このうち、「内容まで知っている」世帯も前年比+4.5%ポイント増加している。また、投資者保護基金、保険契約者保護機構の認知度は、全世帯ベースでみると、創設されて間もないこともあってか、半数に満たないが、各制度に関連する金融商品の保有経験がある世帯をベースとしてみると、両制度とも半数を超える世帯が、その存在を知っていることがわかる。

(図表10)預金保険制度の認知度<問14(a)>
(図表10)預金保険制度の認知度<問14(a)>

(図表11)各種セーフティネットの認知度<問14(a)~(c)>(図表11)各種セーフティネットの認知度<問14(a)~(c)>

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報