ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育公開授業

2019年度 金融教育公開授業

山梨県金融広報委員会
山梨県立北杜高等学校
金融広報中央委員会

山梨/北杜市の実施報告

「金融教育公開授業 in 山梨(北杜高等学校)」(12月12日開催)

北杜高校は、峡北高校、峡北農業高校、須玉商業高校の3校の伝統を引き継いだ、総合学科、普通科を設置する新しいタイプの高校として、平成13年に開校しました。
「古教創真」を校訓とし、生徒の自己実現を目指した教育を行っています。

12月12日(木)に金融教育公開授業を開催し、3クラスでの公開授業、研究報告会、パックンマックンによる講演会を行いました。

▼ 参加者内訳:

生徒633名、教員51名、保護者12名、他校教員6名、地域の方々7名、合計709名

1.公開授業

(1)「クラウドファンディングについて」(2年生 公民科・現代社会)

「○○があればもっと学校生活が楽しいはずじゃないか?」というテーマで、クラウドファンディングを仮想体験しました。
これまでの授業で、学校において不便なことなどについて班ごとに話し合い、解決するためのアイデアを出して、それを実現するために必要な物と費用、実現したらどのような効果が見込めるかなどについてまとめてきました。
当日は、その成果について、班ごとにプレゼンテーションを行いました。そして授業の見学者も含めて、良いと思ったプレゼンテーションに対してスマートフォンのアンケートシステムを活用して投票(仮想投資)を行いました。
授業を通じて、目標や夢を実現するためにお金をどう活用していくのか、クラウドファンディングがそのための選択肢の一つであることを学びました。

写真1:公開授業「クラウドファンディングについて」の模様


(2)「社会保障制度」

まず、社会保障制度を、社会保険料を財源とするものと、税金を財源とするものに区分・整理し、負担と給付を通して社会保障制度が「所得の再配分機能」を果たしていることを学びました。

次に、キャッシュフロー表の見方の説明を受けたうえで、病気で働けなくなってしまった場合の生活について考えました。社会保障制度があることで安心して暮らせることや、そのための財源が必要で誰かが負担しなければならないことに気づくことができました。

最後に、社会保障制度は国によって家族依存型、政府依存型、市場依存型と様々なパターンがあり、それぞれにメリット・デメリットがあることを学んだうえで、自分が良いと考えるパターンとその理由について発表しました。

写真2:公開授業「社会保障制度」の模様

(3)「複利計算について学ぶ」

単利と複利の違いと特徴について、利率や期間を変えて実際に計算して学んだ後、車をローンで購入することを例に、各自が購入金額を設定して、5年後の元利合計を計算しました。

続いて、インターネットで各年代の平均年収を調べ、各自が設定した車の購入金額が適切な金額なのか、収支のバランスが取れているかを検討しました。実際に車を購入する場合には、そのほかのライフイベントなども考慮する必要があることも学びました。

写真3:公開授業「複利計算について学ぶ」の模様

2.研究報告会

金融教育研究校の委嘱を受け、まず生徒へのアンケート調査を行い、生徒に足りない力と付けたい力を把握しました。1年目は「金融に関する基礎的知識を習得する」ことを目標に、一人一実践を行いました。2年目は「習得した知識を将来に向けて活用していく実践的態度の育成」を目標に、家庭・公民・商業の3科目を中心に取り組むとともに、その他の教材が補助や教科として取り組むことが難しい場合は、総合的な探求の時間等を利用しました。これらの実践を踏まえ、「今後も、教科や学校行事の中で継続的に金融教育に取り組むことができるのではないか」、と報告しました。

写真4:研究報告会の模様

3.講演会

パックンマックンから、「日米の金銭感覚の違いとコミュニケーションの大切さ」と題する講演が行われました。

まず、お金の入手方法、使い道、節約法について、生徒へ問いかけたり、生徒の笑いをとりながらわかりやすく説明してくださいました。

次に、日本ではコツコツ貯金する人が多い一方、アメリカでは投資する人が多いことを紹介したうえで、自分に投資することが必要なことについても教えてくださいました。

最後に、お金と上手に付き合うためには、Think(考える)、Talk(話す)、Plan(計画する)が大切ですと締めくくられました。

参加者からは、「お小遣い制でもらうお金とお手伝い制でもらうお金のメリット、デメリットがわかった」、「情報を得たり問題を解決するうえで、コミュニケーションが大切なことを、楽しみながら学ぶことができた」といった感想が聞かれました。

写真5:講演「日米の金銭感覚の違いとコミュニケーションの大切さ」の模様

4.プログラム

13:10~14:00
公開授業
(1)「クラウドファンディングについて」(2年生 公民科・現代社会)
(2)「社会保障制度」(2年生 福祉科・社会福祉基礎)
(3)「複利計算について学ぶ」(3年生 商業科・課題研究)
14:25~14:30
開会挨拶
山梨県立北杜高等学校校長 宮下誉夫
14:30~15:40
講演「日米の金銭感覚の違いとコミュニケーションの大切さ」
講師:パックンマックン
16:00~16:45
研究報告会
「本校が取り組む金融教育について・実践事例の紹介」
発表者:山梨県立北杜高等学校教諭
今福幸子、岩間光治、坂口奈央、上村洋一
16:45~16:50
閉会挨拶
山梨県金融広報委員会事務局長 大森忠明

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • ヴァイオリニスト 宮本笑里さん
  • デザイナー・アーティスト 吉岡徳仁さん
  • タレント デヴィ・スカルノさん
  • デジタルクリエーター・ITエバンジェリスト 若宮正子さん
  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • 金融リテラシー・モデル講義資料(共通教材「コアコンテンツ」等)