ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育公開授業

2018年度 金融教育公開授業

山梨県金融広報委員会
認定こども園すみよし愛児園
金融広報中央委員会

山梨/甲府市の実施報告

「金融教育公開授業 in 山梨(甲府)(すみよし愛児園)」(11月27日開催)

すみよし愛児園では、子どもたちが社会の一員として力強く生きていくためのヒントは乳幼児期の環境にあると考えています。そして、どんなに時代が変わっても変わらない大切なものである「己の信念に基づいて判断する力」、「人と人との信頼関係を築く力」、「社会へ繋がることに喜びを感じる力」を、子どもたち一人ひとりにあたりまえの環境として、自然な形で、そして見慣れた景色として受け継いでいくため、日常の中の育ちのチャンスを見逃さずに関わっていきたいと考えています。

11月27日(火)に金融教育公開授業を開催し、年少から年長を対象とした公開保育と、担当教諭による研究発表、いちのせかつみ氏による講演会を行いました。

▼ 参加者内訳:

園児45名、開催園教諭27名、開催園保護者3名、他園教諭17名、地域の方々3名、合計95名

1.公開保育

当日は、月1回の石窯を使ったクッキングの日でした。子どもたちが、何をつくるのか、材料や必要なものは何かを事前に考え、ピザトースト作りに取り組みました。

石窯で火を起こす子、パンにトッピングをする子、それを園庭の石窯に運ぶ子、出来上がったピザトーストを配る子、年下の子に教えている子もいました。先生の指示ではなく、子どもたちが自分の役割を見つけて行動していました。クッキングに興味のある子もいれば、まったく興味がなく自分の好きな遊びに夢中な子もいました。美味しく焼けた匂いを感じて集まってくる子もいました。

先生方は、子どもたちにどうしたいのかを聞きながら、興味や意思を大事にした保育を行っていました。

写真1:年少~年長の保育「お金に支配されない大切なものを守れる心を育てる保育実践」の模様

2.研究発表

金銭教育研究校の委嘱を受け、研究主題を「お金に支配されない大切なものを守れる心を育てる保育実践」とし、一人ひとりの個性を大切にし、形にこだわらない保育で金融教育の研究に取り組んできました。

石窯を使ったクッキングは、2年前の卒園児親子が園に残して行ってくれた石窯を大切に使い続けたいという願いから始まりました。当初は、毎月1回「石窯DAY」という名前で保育者が準備をし、子どもたちは当日みんな一緒にクッキングの経験をするという形の取り組みでした。

しかし、一人ひとりの興味や意思を大切にする保育をしてきた中で、「石窯DAY」の取り組みはこのままでよいのかと考え、見直しを行いました。クッキングをするかしないか、クッキングをする場合の準備なども子どもたちに任せてみました。すると、本当にクッキングをしたい子が集まり、夢中になって作る姿、火起こしに興味を持ちそこにじっくりと関わろうとする姿が見られるようになりました。出来上がったものを各部屋に回って配り、「おいしい」や「ありがとう」の言葉にとても嬉しそうな誇らしそうな表情がたくさん見られるようになりました。

最初は見ているだけだった子どもが少しずつやり方や約束を覚え、だんだんと任せられることが増えていきました。本当にやりたいことに出会えた時に、初めて主体的に動けるものなのだと改めて感じることができました。自分の力で実現していくことの喜びを感じたり、自分のしたことが誰かの助けや喜びにつながっていくことを喜びとして感じられたりする、そんな心がこれからの社会を生きていく上での子どもたちの心の基礎となり支えとなっていくことを願っています。

写真2:研究発表の模様

3.講演会

公開授業の後、いちのせかつみ氏から、「未来を託す子どものために~今、金銭教育が必要なワケ~」と題する講演が行われました。

まず初めに、「お金は幸せになるための道具であり、使い方を間違えると大変なことになります」、「給与振込や電子マネーの普及により、現代の子どもたちは、働くことの意味やお金の価値がわかりづらくなっています」と話されました。

次に、おこづかいを与える時期や与え方については、「周囲に合わせるのではなく、子どもがお金に興味を持った時に子どもと親が話し合って決めることが大切です」、「お金を渡す時にかける一言によって、子どもはお金の使い道を考えるようになります」と話されました。

また、日常生活の中に金銭教育の機会はあり、「買い物に子どもを連れて行き、なぜそれを選ぶのかを親が子どもに話すこともその一つです」と紹介されました。

最後に、「低金利の現代では、子どもの教育資金のすべてを親が準備することは難しい」として、「子どもたち自身が将来の夢の実現に向けて考える力を身に付けられるよう、家庭・学校・地域で協力することが必要です」と締めくくられました。

参加者からは、「子どもにお金のことを伝えるのは難しいと思っていたが、大人の姿を近くで見てそこから学んでいけるようにする必要があると思った」、「子どものお金への感覚を育てていく意欲がわいた」といった感想が寄せられました。

写真3:講演「未来を託す子どものために~今、金銭教育が必要なワケ~」の模様

4.プログラム

10:00~10:05
開会挨拶
認定こども園すみよし愛児園園長 矢巻行祥
10:05~10:45
公開保育
「お金に支配されない大切なものを守れる心を育てる保育実践」(年少、年中、年長)
10:50~11:10
研究発表
すみよし愛児園年長担任 石渡美穂
すみよし愛児園主幹保育教諭 中沢真知子
11:10~12:10
講演「未来を託す子どものために~今、金銭教育が必要なワケ~」
講師:いちのせかつみ氏
12:10~12:15
閉会挨拶
山梨県金融広報委員会事務局長 大森忠明

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報