ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

買い物できるのはだれのおかげ?

暮らしの中の大体の食品・製品は、第一次産業(生産)→第二次産業(加工)→第三次産業(流通・販売)の流れで私たちの手元に届きます。それぞれの産業の働きや役割が違うこと、どの産業も社会に欠かせないことを、身近な物を題材にして子どもに教えていきましょう。

しかし、近年、その産業の区分があいまいになってきています。例えば、八百屋は近くの青果市場で農産物を仕入れますが、最近はインターネットを利用して直接生産者から仕入れることもあります。

さらには生産者から直接“継続的な仕入れの約束”をすることも多くなりました。このように農家と長期購入を契約することは、生産者の経営の安定を保証することにつながり、販売者にとっても良いものを安定的に仕入れることができるということです。

1.5次産業や2.5次産業、さらには6次産業という言葉が示すように、従来の区分を超えて経営を多角化させ、自社の商品の付加価値を高めていくようになっています。

このような世の中の変化も、子どもの成長に合わせて伝えていきたいものです。

*日本の産業を3部門別にみると、第1次産業は「農業、林業」及び「漁業」から成り、第2次産業は「鉱業、採石業、砂利採取業」、「建設業」及び「製造業」、第3次産業は「卸売業、小売業」、「医療、福祉」、「宿泊業、飲食サービス業」などから成る。

身近にあるSPA

SPA(Speciality store retailer of Private label Apparel)は『製造小売業』と呼ばれ、アパレル業界からスタートしています。かつてはデザインをする者、縫製をするメーカー、販売者(小売り)が別の主体であるのが一般的でしたが、社内で一貫した企画・製造・販売体制を設ける企業が登場しています。そうした企業では、消費者のニーズを素早く汲み取って新製品を開発したり、製造コストを削減し、在庫を正確に把握したりすることが可能になり、消費者に幅広く受け入れられました。

このような産業の区分を超えた戦略でグローバルな成長を目指す企業は、アパレル業界以外にも家具やメガネなどさまざまな業界へ広がりをみせています。

このテーマも学んでみよう!

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 俳優・気象予報士 石原良純さん
  • タレント デヴィ・スカルノさん
  • デジタルクリエーター・ITエバンジェリスト 若宮正子さん
  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • 金融リテラシー・モデル講義資料(共通教材「コアコンテンツ」等)