ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

わたしに・ぼくに向いている職業ってなに?

自分のことを知ることがどうして職業を選択するときに大切なのでしょう?

例えば服を買いに行くとき、どのお店に行くか、どんな服を選ぶかを決めずにすべてのお店で順番に一着一着、着てみるのはたいへんですよね。でも自分自身の好みの色、似合う形、好きな素材、好みの雰囲気・・・など自分のことをよく知っておくと、たくさんの洋服の中でも選ぶ範囲が絞られてきます。その中から、着てみたいか、似合うかと検討していくと、たくさんの中からやみくもに選ぶより、ずっと早く正確に自分の欲しい服に出会えることでしょう。

仕事を選ぶときも、たくさんの職業の中からやみくもに選ぶより、自分の長所、短所、得意なこと、苦手なこと、好きなこと、楽しいと思えることなど自分のことをよく知っておくと、関心のある職業が絞られてきます。あとは、できるの?できないの?したいの?したくないの?と自問することで自分に合う職業により早く出会えるかもしれません。

子どもに助言

ご家庭でのコミュニケーションや、お友だちとのコミュニケーションが自分を知るひとつの方法となります。「お母さんは(お父さんは)あなたのこんなところは好きよ」、「わたしはあなたのこんなところはすごくいいと思うわ」とたくさんメッセージを送ってあげることで、子どもたちの長所はさらに伸び、増えていきますよ、きっと!

適性と職業

安易な適性検査などで適性があるから向いている、適性がないから向いていないと決めつけてしまうと、早い段階で職業選択の幅が狭くなってしまいます。なりたい職業があって、夢に向かって努力している子どもの夢をつぶしかねませんので注意が必要です。この時期の適性検査は、いろんな職業や仕事に対する意識を高めるための参考にすぎません。

子どもの興味の分化(関心の方向性がいろんな分野に分かれてくること)は14歳くらいからといわれています。まだまだ、どんな職業でも可能性があるということだと考えて、子どもにいろいろなことを経験させて、楽しいこと好きなことをたくさん見つけて、個性を伸ばし、世界を広げていけるようにしましょう。

新しい職業もどんどん生まれています。例えば、気象予報士やネイルアーティスト、アロマセラピストなどは十数年前にはほとんど聞いたことがなかったような職業です。世の中にどんな仕事があるのか、どんなことがやりたいのかを親子で話し合うことで新しい可能性が広がり、自分から仕事を作り出すことができるかもしれません。

もっと調べたいときには・・・

大人になったらなりたいもの(第一生命へリンク)
子どもが将来なりたい職業のランキングを見ることができます。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報