ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

あなたならどうする?

年齢が上がるにつれ友人関係が人間関係に占める比重が大きくなり、子どもにとっては時として家族との関係よりも大事に感じられるようになってきます。仲間意識が強まる時期でもあり、同じものを持っていることで友だちとのつながりをより強く感じることもあるでしょう。しかし、すべて友だちと同じことをするわけにはいきません。友だちの希望を否定することなく、付き合いを継続していくにはどうすればよいかを親子で話し合ってみましょう。その際に、親の意見に従わせるより、子ども自身にどうすればいいのかを考えさせることが重要です。

例えば、友だちにおそろいの下じきを買おうと誘われているけれど、気乗りでない様子だとします。

子どもに助言

親「どうして買いたくないの?」
子「お金が減っちゃうから」、「いま使っているのが気に入っているから」
親「そう。じゃあ、友だちにどう言えばいいかな。一緒に考えてみよう。」
などと、友だちにどう伝えればいいのか、友だちの誘いの断り方を親子で一緒に考えてみてもいいでしょう。薬物や万引きなどの誘いは、友だちであろうときっぱりと断らなければならないことも教えましょう。

子どものとの対話を大切に

小さい頃は親の言うことをよくきいた子どもも、年ごろになれば状況は一変。こんなとき、「どうしてこんなことするの?それはだめでしょ。わかったわね。」と親が一方的に話してしまい、子どもはだんまりを決め込むというようになりがちです。しかし、友人とのかかわり方は大人でも難しいもの。子どもと一緒に動揺したり、不安になったり、喜んだりするなど、感情を共有し、対話する中で解決策を見つけていくというプロセスが必要かもしれません。親自身の失敗談や成功談を話してみるのもいいですね。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報