ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融教育フェスタ

金融教育フェスティバル2009

金融教育セミナー 東京会場

(財)日本消費者協会
教育企画部 教育課長 : 佐伯 美智子氏

「消費者が準備したい葬儀費用と最近の葬儀事情」
納得のいく葬儀のためには、よい葬儀社選びが一番

セミナー風景

日本消費者協会は、ある団体から消費者が葬儀をどう考えているかについての調査依頼を受け、約20年前から3、4年に一回、全国規模でアンケートを実施しています。本日は、その結果をもとに、消費者の立場からみた葬儀についてお話しさせていただきます。

「葬儀の費用がどのくらいかかるか」が、何年も変わりなく消費者の知りたいことの断然一位です。これは、地域社会の崩壊、少子化、単身で生活している人が増えていることなどで、葬儀を隣近所が協力して行うということがなくなってしまったことが影響していると考えられます。

2007年の調査では、葬儀社に支払った費用の平均額は142万円、会場費、返礼品、料理代、お寺へのお布施なども含めた葬儀全体では平均231万円です。ただ平均142万円といっても、350万円~50万円未満まで幅があります。ある葬儀社の例では、葬儀社に80万円払うとすると、約30万円が祭壇で、あとは柩(ひつぎ)、霊柩車、供花、遺影の写真、死亡届の代行、人件費などです。

セミナー風景

最近の葬儀は家族葬、お別れの会、無宗教、火葬だけを行う直葬などさまざまです。因みに1999年は94%が仏教形式でしたが、2007年には初めて仏教形式が9割を割っています。仏教形式の葬儀は、香炉と燭台、花立ての三具足を用意し、その前でお経をあげていただくという形が基本です。

今、話題の直葬でも、ご遺体を柩にお納めし、火葬場の予約をしなくてはなりませんから、葬儀社に依頼することになります。直葬の費用は、葬儀社の広告などによると、だいたい、5、6万円~20万円弱で、火葬炉の前でお経をあげたり、お花を贈るなどの内容によって差があります。

埋葬についても、最近は壁面墓地、合葬墓、永代供養墓、また1つのビルにお寺、葬儀場、お墓が全部入っているという施設もあります。墓は作らないという選択をされる方もおり、遺骨をペンダントになさる方もおられます。
葬儀業者の種類は非常に多く、生協、JA、花屋、仏壇屋なども参入しています。どのような葬儀をしたいのかを葬儀社に伝え、丁寧に対応し「送る側の気持ちをくんでくれる葬儀社」を探していただきたいと思います。

(財)日本消費者協会とは

昭和36年9月、消費者への啓発活動を主な目的として、経済産業省により設立されました。誰もが安心して消費生活をおくるための情報提供、啓発講座、人材育成、無料の消費者相談などを行っています。


著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報