ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

Let'sチョイ読み!お金の知恵の活かし方

「ご利用は計画的に」ってどういうこと!?

初心者向け

  • ローン・クレジット

タグ(キーワード)

  • クレジットカード
  • 消費者ローン
  • 金利

クレジットカードと消費者ローン

皆さんに注意してほしいのが、クレジットカードや消費者ローンなどとの付き合い方です。

クレジットカードの使用も借金をすることと同じ

クレジットカードは、ショッピング(買い物)とキャッシング(現金の引出し)の2つの機能を備えていますが、「お金を借りている」という点では共通です。ショッピングの場合、上手に使えば金利はかかりませんが、キャッシングの場合は金利がかかります。クレジットカードのキャッシングの金利、消費者ローンの金利(借入額10万円以上100万円未満の場合)は、ともに法律の上限金利にあたる年18%に近いケースがあります。借金が4年間で2倍になる水準です。

クレジットカードは支払い回数に注意

クレジット会社と契約を結んだうえで、ショッピングをカードで決済すると、後日、預金口座から代金が引き落とされます。急な出費で持ち合わせがないときや、海外旅行の際に現金を持ち歩く必要がないなど、とても便利なツールです。1回払い、2回払い、ボーナス払いであれば金利はかかりません。こうした使い方に徹して、ポイントを貯めてオトクに活用している人もいるでしょう。

しかしながら、3回以上の分割払いや「リボ払い」は年15%、キャッシングは年18%の金利がかかります。特に、高額な買い物をしても、毎月の返済額を少額に抑えられる「リボ払い」は、管理が複雑で、いつのまにか借入額が増えてしまうので気を付けましょう。

表1 クレジットカードの金利
支払方法 利息(金利)
1回払い、2回払い、ボーナス一括払い なし
分割払い、リボ払い 年15%
キャッシング 年18%

消費者ローン

無担保で利用できて審査も簡単、早ければ1時間程度の手続きで借りられる手軽さの一方で、「利息制限法」の上限金利でもある、年18%など高い金利で貸し出されることが多いローンです。

最近では、大手銀行と提携している消費者ローンもあり、メディアでの宣伝効果もあって、身近な印象さえありますが、利用を誤ると、家計への影響が大きくなる可能性が高いものです。

表2 上限金利(利息制限法)
借入額 金利の上限
10万円未満 年20%
10万円以上、100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

一歩間違うと多重債務!?

お金を借りたら元金と金利を返済しなくてはなりません。しかし、借りすぎてしまうと働いて得た収入では返済しきれなくなり、一歩間違うと、雪だるま式に複数の業者から借金返済のために借金をする「多重債務」状態に陥ってしまうこともあります。

ちなみに、多重債務に陥る原因には次のようなものがあります。

  • 失業や収入減
  • 身の丈を超えた無計画な消費
  • 住宅ローン等の返済のために別の先から借金すること

失業や収入減、あるいは身の丈を超えた消費や住宅取得などから、人生の歯車が狂って、こうした事態に陥ってしまうことは、決してひと事ではありません。失業や収入減になっても多重債務に陥らないようにするために、まずは生活費3~6か月分の生活予備費を貯めましょう。貯蓄体質にするとともに、お金の使い方(借金の仕方も含む)に計画性を持つことが大事です。

ただ、何かの理由でもともと借りていた借金(奨学金や住宅ローン、クレジットカード払い分など)の返済が苦しくなった場合は、まず家計の収支を見直してみましょう。

また、トラブル等に遭遇した場合には、「消費者ホットライン188(いやや!と覚えましょう)」に電話して、消費生活センターに相談しましょう。

「ちゃんと返せるか」が大事

借入れとは、先に消費をして、将来の収入からお金の返済をする行為です。消費をして満足感を得るのは“今の自分”。そのツケを払うのは“未来の自分”です。しかも、高金利の借入れの場合は金利負担も重くなります。

お金を借りるときは、“未来の自分”に重すぎる負担をかけることがないよう、借入額、金利、返済計画に無理がないか、自分が背負う将来のリスクを慎重に考えましょう。大事なのは、「いくら借りられるか」ではなく、「ちゃんと返せるか」です。

金利を15%(一定)とした場合の、借入額、支払回数と毎回の返済額、返済総額の関係を見てみましょう(表3)。例えば、どうしても手に入れたいものがあって、200,000円だったとします。12回の分割払いにすれば、初回18,620円、2回目以降18,000円の返済となり、支払総額は216,620円。月々の返済を少なくするために支払い回数を24回にすれば、毎月の返済額は軽減されるものの、より長く借りるため利息の支払は増えてしまい、支払総額は232,740円16,120円も多くなってしまいます。

欲しいものがもっと高くて500,000円だったらどうでしょう。毎月の負担を減らすために36回払いを選んだとします。初回18,500円、2回目以降17,300円となり、「毎回の返済額は20,000円に達しないのでよかった」と安心するのは早計です。支払総額は624,000円となり、利息額(手数料)だけで、なんと124,000円にもなります。今、満足感を得るならば、ツケを“未来の自分”に廻すこととなりますが、「貯蓄をしてから使う」ことができれば、こうした利息負担は発生しないものです。つまり、支払う利息分がオトクになると考えることもできます。

表3 「分割払いでいくら払う?」
借入額 金利 支払回数 返済額
(初回)
返済額
(2回目以降)
支払総額
(内利息額)
200,000円 15% 12回 18,620円 18,000円 216,620円
(16,620円)
24回 11,940円 9,600円 232,740円
(32,740円)
500,000円 24回 25,250円 24,200円 581,850円
(81,850円)
36回 18,500円 17,300円 624,000円
(124,000円)

(一般社団法人日本クレジット協会サイトのシミュレーターで試算)
https://www.j-credit.or.jp/customer/basis/commission.html

「借りる」なら計画的に。事前に試算する習慣を!

ご自分の収入と比べ、大きな借金をする場合、「返済シミュレーション」で、将来にわたり、無理なく「ちゃんと返せるか」、予め試算してみましょう。分割払いやキャッシング、消費者ローンなど高金利での借入れの場合は、特に、この試算を念入りに行いたいものです。

その際、具体的な数字を見ながら、次の3点を点検してみてください。

  • 毎月の返済に無理はないか?(=貯蓄をする余裕は残りますか?)
  • 利息額を支払っても、借金で買いたいか?
  • 返済期間中にほかの借金の可能性はないか?(住宅取得など)

一旦、お金を借りると、その返済は、固定費のように重くのしかかり家計は自由度を失っていきます。「貯蓄をしてから使う」貯蓄体質に家計を変えていくことが大事です。

執筆者:豊田眞弓

知るぽるとでは、金融に役立つ様々な情報を発信しております。新着情報をチェックしたい方は、メールアドレスをご登録ください。また、Facebook、Twitterからのフォローもお願いします。

新着情報メールのご登録

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube