ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融商品なんでも百科

(平成27・28年用)

クレジット

クレジットとは

クレジットは、一般に商品等の代金を後払いにすることをいい、「販売信用」とも呼ばれています。

その場に現金がなくても商品等の購入ができる、支払いを分割することができるなどの利点がありますが、利用にあたっては、収入と支出のバランスを考慮した支払い計画が必要です。

クレジットの種類としくみ

クレジットに関連する法律として「割賦販売法」があります

この法律では取引形態により、「割賦販売」、「ローン提携販売」、「信用購入あっせん(包括・個別)」、「前払式特定取引」に分類されます。

ここでは、最も一般的な「信用購入あっせん」を紹介します。

1.「信用購入あっせん」

消費者が、クレジット会社とあらかじめ契約している販売会社(加盟店)で商品等を購入する際、クレジット会社が消費者にかわって販売会社に代金の支払いをし、後日、消費者がクレジット会社に代金を2か月を超えて支払う取引形態をいいます。

カード等を用いる「包括信用購入あっせん」とカード等を用いない「個別信用購入あっせん」に分類されます。

※割賦販売法の「信用購入あっせん」には、いわゆる「翌月一回払い」は含まれません。

2.クレジット方式による分類

(1)包括信用購入あっせん(クレジットカード)

消費者が、あらかじめクレジット会社に申込をし、審査を受けて発行されたカード等を用いてクレジットを利用するものです。消費者はカード等を利用して、一定の範囲内(有効期限や利用可能枠等)でクレジットのシステムを反復・継続して利用し、販売会社(加盟店)で商品等を購入することができます。

(2)個別信用購入あっせん(個別クレジット)

消費者が販売会社(加盟店)で商品等を購入するごとにその商品等を購入するためのクレジットの申込をして、利用するものです。

例えば、自動車を購入するのであれば、その自動車を購入するためのクレジットの申込をして、審査を受け利用します。

最近では、携帯電話・スマートフォンを購入する際の利用が増えています。

3.支払可能見込額調査

「信用購入あっせん」を利用する消費者が多重・多額債務におちいることを防止することを目的として、「割賦販売法」では、クレジット契約の締結に際し、申込者(消費者)の支払い能力の調査を行う義務をクレジット会社に課しています。この調査を「支払可能見込額調査」といい、調査によって算定される金額を越える契約の締結は原則禁止されています。

「支払可能見込額」とは、消費者が自宅等の資産を譲渡・担保することなく、かつ、生活維持費を使用することなく、クレジットの支払いに当てることが出来ると見込まれる1年間当たりの額をいいます。

クレジットの目次

50音別目次

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報