ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

金融商品なんでも百科

(平成27・28年用)

ローン (住宅ローン以外)

ローンの意義とリスク

買い物をする際、手元にお金が少ない場合は、ローンを組む方法があります。ローンを組むことは後で必ず返してくれるという信用を与えられることを意味しており、きちんと返せば信用がついていきます。しかし他方、貯蓄に頼るのではなくローンに頼りがちになると、次第に過大なローンを負うことになり、場合によっては返すために別のところから借りる多重債務に陥ったり、返済不可能になったりする場合があります。

ローンを組むということは、将来の収入を今使ってしまうことも意味しています。まずは貯蓄や投資に励んで金融資産を増やすことを先行させる、そして借りる場合は返済可能な範囲で、返済計画をきちんと組んで借りること、金利にも十分注意すること、などが大切です。

またローン借入方式のうち次ページに示したリボルビング方式については、月ごとの最低返済額が比較的少額なため、返済期間が長期化し、その間に新たな借入を重ねることにより借り手の債務依存体質を強め、借入額が膨らみ多重債務に陥る恐れもあり、この方式を使うかどうか慎重な判断が求められます。

さらに、住宅ローンも含めた負債全体が自分の資産全体とバランスがとれているかを年に一度はチェックすることも、とても大切です。特に土地などの不動産の資産価値が急速に落ち、不動産の資産価値以上に住宅ローンが残っているようになると、個人における債務超過となる可能性があります。金融資産を蓄えながら、ローン等の繰上げ返済を行うなど、資産全体が負債全体よりも多いバランスのとれた状態にしておくことが重要です。

ローンの種類

ローンには、銀行などの金融機関が取扱うものと、消費者金融会社や信販会社が取扱うものがあります。銀行などの金融機関が取扱うローンには「使いみちが限定されたローン」と、目的を問わない「使いみちが自由なローン」があります。各種金利は、一般的に使いみちが自由なローンほど金利が高い傾向があります。

また、返済方法もローンによって異なります。

ローンの種類
使いみちが限定されたローン 使いみちが自由なローン
・教育ローン ・自動車ローンなど ・フリーローン ・カードローン
ローンの借入方式
通常の借入方式 リボルビング方式
契約時に借入額と返済期間、返済方式をあらかじめ決めます。利用者が新たに資金を必要とするときには、その都度契約を行い、返済の諸条件を決めます。 契約時に借入限度額を決め、その限度内で所要の都度、新規借入を受けることができます。ただし、利用者は毎月、契約時に定めた最低支払い額を返済する義務があります。カードローンやクレジットカードは、この方式が一般的です。
ローンの返済方式
元利均等方式 元金均等方式
原則、毎月の元金返済分と利息返済分を加えた返済額が、借入当初より完済時まで同額になります。教育ローン、フリーローンは、この方式が多いようです。 毎月の元金返済分を同額に分割し、利息を上乗せして返済する方式です。毎月の利息分を加えた返済額は、借入当初多く、徐々に減っていきます。

リボルビング方式にご注意

リボルビング方式は、月ごとの最低返済額が比較的少額なので、返済期間が長期化し、その間に借りぐせがつき、新たな返済を重ねるようになり、場合によっては多重債務に陥る恐れがあります。その点で慎重に検討することが必要です。

総合口座の自動融資や生損保の契約者貸付

資金が必要になったときは、貯蓄を取崩す選択と新規でローンを組む選択が考えられますが、それら以外に、定期預金・信託・公社債・生命保険をもっている場合は、それらを担保とした総合口座の自動融資生損保の契約者貸付を利用することができます。

これらを使えば、担保の金額の80%~90%、または各金融機関が定める最高限度額(一般的には200万円)のいずれか少ない金額の範囲内(契約者貸付は解約返戻金の80%程度)で、新規でローンを組むよりも一般的には低い金利で資金を調達できます。

返済方法

総合口座の自動融資

毎月の決まった返済日や返済額などはなく、随時、総合口座の普通預金へ入金して、その預入金が借入の返済にあてられる仕組みです。借入れが解消された時に、初めて普通預金の残高はプラスとなります。

なお、借入残高があり、さらに普通預金に公共料金などの支払い要求がある場合には、借入限度内であればその都度自動融資が行われ、借入残高が増えます。借入利息は半年に1度、日々の残高をもとに計算されます。自動融資による借入が可能な期間は、担保となる定期預金などの満期までです(担保となる定期預金などが自動継続ならば、満期にかかわらず借入ができます)。

生損保の契約者貸付

各生損保会社の指定する最低支払額以上を、店頭払い・銀行振込み・ATMなどによって支払います。

ローン(住宅ローン以外)の目次

50音別目次

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報