ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

計画を立ててものを買う

十平くん、残念でした。でもよくがんばりましたよね。

だれもが、欲しいものをすぐに買えるわけではありません。持っているお金では買えないときもあるし、買うお金はあったとしても、いま使ってしまうと後で何も買えなくなる・・・なんてこともありますね。値段の高い商品であればなおさらです。では自分の欲しいものがすぐには買えない場合、どうすればよいのでしょうか?

そんなときは、次のようにしてみましょう。

 
  1. まずは本当に必要なものか考える
    後で「やっぱりいらなかった」、「別のものがよかった」などとならないように、まずは本当に必要かどうかを考えましょう。十平くんのように、せっかくお金をためて買ったのにムダになってしまったら、とてももったいないですね。
  2. 目的を達成するための計画を立てること
    本当に必要なものだと確信が持てたら、それがいくらなのか、どうやって買うのか、いつまでに欲しいのかといった計画を立てましょう。欲しいものが複数ある場合は、どの順番で買えばいいかなど、しっかり考えましょう。
  3. 立てた計画を守ること
    実はこれが一番難しいのですが、立てた計画はしっかりと守らなければいけません。このために大事なのは「目標のものが買えた時の喜び」を想像することです。今日のジュース1本をがまんして、少しずつでもコツコツとお金をためましょう。その結果として手にする喜びは、「ジュース1本」とはくらべものにならない大きなものでしょう。

この3つのステップをふまず、「欲しい!」という気持ちだけで思わず買ってしまうことを「しょうどう買い」と言います。しょうどう買いは多くの場合、家に帰って見たらあまりいいものでなかった、同じようなものを持っていた、といった失敗につながります。

必要かどうかをよく考えて計画を立てる、そして守るという、この3つのステップを思い出しながら買い物をしてみてください。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報