ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

おかねのね

どうして足りなくなったのかな

おつかいは、渡されたお金の範囲で必要なものを買うという、お金のやりくりの実地訓練です。子どもはおつかいから2つのことを学びます。

まず1つは、お金には限りがあるということです。家族の収入は、親が働くことで受け取る限られたお金で、そのお金の範囲内で生活をしなければなりません。もう1つは、お金を計画的に使うことです。家族が生きるために必要な大切なお金ですから、1円でもムダにすることなく、有効に使わなくてはなりません。

子どもにお金のやりくりを教えるときには、必要なもの「ニーズ」と、欲しいもの「ウォンツ」に分けて考えさせましょう。ポイントをまとめましたので、参考にしてください。

  1. 本当に必要なものなのかどうか、本人にじっくり考えさせる。
  2. 欲しいもの「ウォンツ」よりも必要なもの「ニーズ」を優先させる。
  3. 欲しくても買わない選択肢もあることを伝える。

子どもは好きなものがあると、欲求のままに買ってしまいがちです。将来のことを考えられず、後に優先的な支出が発生しても対応できなくなってしまいます。そうならないために、「お金は限りがあること」と「お金は計画的に使うこと」を子どもにしっかりと伝えましょう。

後悔しない買い物をするために

衝動買いは大人でもしてしまいがちですが、子どもだったらなおさらのこと、その時の気持ちに突き動かされて、感情のままに買ってしまったということが起こります。買った理由は子どもなりにあるのです。曰く、友達が持っているから、学校で流行っているから、自分も持ちたい。ときには買って欲しくて駄々をこねることもあるかもしれません。そんなときどうすればいいでしょうか。

買おうとしている物をよく検討して、自分が本当に満足できるものかどうか、自分らしい、自分の価値観にあったものかどうかを見極めさせるようにしたいものです。自分が満足できた買い物だったら、時間がたって、流行が終わり、周りの人が持たなくなったとしても、長く使い続け、買ったことを後悔することは少ないことでしょう。反対に、「なんでこんなものを買ってしまったんだろう・・」と後悔するようだったら、周りに流されて買ってしまっただけなのかもしれません。

現在は店頭での買い物に加えて、インターネット上で購入ボタンを押すことにより商品が買えてしまう時代です。一時の感情に流されて購入することのないよう、「本当にこれが必要なのか、周りに影響されて欲しくなっているだけではないのか」と子どもに問いかけて、すこし冷静に考える習慣をつけさせましょう。

このテーマも学んでみよう!

著名人・有識者が語る

  • 料理研究家 土井善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

長谷部誠 ライフプランという戦術 全銀協スペシャルサイト

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報