ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

Hello, フィンテック!

第2話 キャッシュレス決済のいま(その2)

現金取り扱いコストの削減

まず、現金決済という社会システムを支えてきた金融機関や店舗の事情です。

ふだんあまり意識することはないかもしれませんが、現金が世の中をどう流通しているのか考えてみましょう。

金融機関が窓口やATMで人々に現金を提供し、人々が店舗に現金で支払い、現金を受け取った店舗が日々レジを締めて集計・確認し、金融機関に入金します。

金融機関に還流してきた現金は、枚数があっているか、偽札や汚れ傷みがないかチェックされ、次の利用に備えて金庫で保管されます。もちろん、この間には安全に輸送するという手間も伴います。

このように現金が世の中で便利に使われるためには、たくさんの人手や設備などが必要とされ、そこには多額のコストが発生しています。

こうしたコストを抑制するために、現金決済という社会システムを支えてきた金融機関や店舗などからキャッシュレス決済を推進しようという動きが生まれてきています。

新しいキャッシュレス決済サービス提供側の事情

初期の電子マネーは交通系や小売系の企業が提供しているものが多く、乗車券売機など現金を取り扱う自社ビジネスを効率化するという目的がありました。もちろん、利用者の利便性も高まるため、交通・小売系企業がサービスを展開する地域で早くから普及してきました。

ところが、こうした電子マネーは、買い物客や利用者を自社ビジネスに囲い込むという別の機能も発行企業側にもたらしました。電子マネーは、コスト削減や効率化以外に、売上収益の増加というビジネス推進にも繋がったのです。これが近年のキャッシュレス決済ブームを加速させていく要因となりました。

新規参入企業の特徴

決済のキャッシュレス化は、購買や支払い情報のデジタル化という側面を持っています。その潜在力を追求しようと、様々な企業の新規参入ラッシュが2018年ごろより始まりました。

近年参入してきた企業の多くには共通した特徴があります。キャッシュレス決済専業のスタートアップ企業もありますが、別途本業を持った大企業が目立ちます。

その事業内容をみてみると、インターネットショッピングやモバイル通信サービス、SNS・ポータルサービス、小売・流通、銀行などで、すでに数百万人から数千万人単位で多数の顧客を抱えているという特徴をもっています。

また、通信インフラやインターネット店舗・広告媒体など、ユーザーとサービス生産者に対してビジネスの場(プラットフォーム)を提供する、いわゆるプラットフォーマーが多いのも特徴点です。

キャッシュレス決済サービスもプラットフォーム事業であり、ユーザーと加盟店という2つの市場を開拓する必要があります。こうしたプラットフォーム事業は、一方の市場が成長すると他方の市場も魅力的となり成長しやすくなるという特徴があります。加盟店が多いキャッシュレス決済サービスほど、ユーザーは使いたいと思うでしょうし、ユーザーが多いキャッシュレス決済サービスほど加盟店も導入しようと思うでしょう。

そして、あるプラットフォームが抱えている大規模なユーザーは、他のビジネスの顧客にもなりえます。キャッシュレス決済サービスに参入してきた企業の多くが、便利なキャッシュレス決済サービスを提供することで、顧客の利便性を高めるだけでなく、多様な関連ビジネスに顧客を誘導し、自社のエコシステムの拡張を図っていこう、これを通じて更なる顧客基盤の拡大を目指そうという戦略をとっています。

購買・支払いデータのマーケティングへの活用

その際、重要になるのが、購買・支払い行動を通じて収集される個人情報とその活用方法だと言われています。匿名性が保たれる現金支払いと異なり、キャッシュレス決済では支払いに関連した情報を収集することが技術的に可能です。

いつ、どの店舗で、いくら支払ったか、がデジタル情報として残りますし、インターネットショッピングや店頭で収集されるPOSデータにアクセスできるようなキャッシュレス決済の場合、何を買ったか(ネットの場合、購買前に何を検索したかまで)把握することができます。

個人の属性や特徴が大まかにでもわかると、マーケティングの効率を高めることができます。これが先行しているのは広告やお薦めサービスビジネスです。

インターネットで何か検索すると、時をおかずして関連した広告が登場します。ネットショッピングやビデオ配信サービスを利用していると、好みの本や映画などが提示される。そうしたサービスを日常的に経験されていると思います。

類似のビジネスモデルを、決済行動やそれが示唆する個人の特性情報を手掛かりに展開することで、自社が展開するサービスを拡大させていくことができるのではないか。

そうしたビジネスモデルの追求がキャッシュレス決済サービスと連動して進められています。

(つづく)

日本銀行 FinTech(フィンテック)センター

FinTechの発展が金融サービスの向上や経済成長に役立つよう日本銀行も後押ししていくために、2016年4月に決済機構局内に設立されました。

(2020年1月)

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 俳優・気象予報士 石原良純さん
  • タレント デヴィ・スカルノさん
  • デジタルクリエーター・ITエバンジェリスト 若宮正子さん
  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • 金融リテラシー・モデル講義資料(共通教材「コアコンテンツ」等)