ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

個票データを用いた研究成果

家計個票データを用いた貨幣需要関数の推定

研究者:鈴木亘(東京学芸大学)
*カッコ内の所属は、研究成果完成当時
完成時期:平成16年12月

本稿は、金融広報中央委員会「家計の金融資産に関する世論調査」(旧貯蓄広報中央委員会「貯蓄と消費に関する世論調査」もしくは「貯蓄に関する世論調査」)の1990年から2003年までの14年間の個票データをプールして用いることにより、家計データからの貨幣需要関数の計測を試みた。これまでわが国で行われてきた貨幣需要関数の推定は、Fujiki and Mulligan(1996)などの少数の例外を除けば、もっぱら時系列分析により行われてきているが、本稿のように家計のRepeated Cross-Section Dataを用いる利点として、1)時系列データとは異なり1時点の情報量が豊富であるため、比較的短期間の弾力性やその安定性が評価できる。2)時系列データ上、同時に動いていて識別が難しい諸変数の識別可能性が高いことなどが挙げられる。

推定の結果、金融資産を考慮しない推定においては、所得弾力性(M1,M2)、金利の弾力性(M1)ともに、これまでの時系列データや都道府県別データを用いた推定結果に非常に近い値が計測された。また、金融資産を考慮した場合には、Sekine(1998)同様、所得弾力性が大幅に下がることが確認された。所得弾力性はM1は上昇トレンドを持っている一方、M2は単年度においてややばらつきがみられるものの総じて安定的である。また、資産効果を考慮した場合には、さらに所得弾力性の安定性が高まることが分かった。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報