ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

子どもの教育費、どう準備する?

(統計から見る「教育費」の目安)

将来はこんな職業に就きたい、社会でこんなふうに活躍したい…。子どもはみんな大きな夢を持っています。では、子どものために親は何ができるでしょうか。教育環境を整えてあげることは、その一つと言えるでしょう。

そこで必要になってくるのが教育資金です。よりよい教育を受けさせたいと思えば、教育費はどんどん膨れ上がります。子どものための出費が重なり、やっと子どもたちが巣立ったと思ったら、自分たちの老後資金が足りない。そんな事態にならないよう、教育資金をどう準備するか、早いうちから計画を立てておくことは非常に大切です。

学費だけでなく「塾代」、「習い事代」の負担が大きい

実際にどれくらいの教育費がかかるのかを見ていきましょう。子どもが大学まで通うと仮定して、公立・私立のコース別に必要となる教育費の目安をまとめたものが【図表1】です。この教育費には入学金や授業料だけでなく、塾代や習い事代なども含まれています。なお、私立大学に関しては、文系に進んだ場合の費用を示しています。

【図表1】 教育費の目安(幼稚園~大学/公立・私立のコース別)

「オール公立」の場合の教育費合計金額は1,043万円です。その内訳は、幼稚園67万円、小学校193万円、中学校147万円、高校137万円、大学499万円です。
          「大学だけ私立」の場合の教育費合計金額は1,261万円です。その内訳は、幼稚園67万円、小学校193万円、中学校147万円、高校137万円、大学717万円です。
          「高校から私立」の場合の教育費合計金額は1,415万円です。その内訳は、幼稚園67万円、小学校193万円、中学校147万円、高校291万円、大学717万円です。
          「中学校から私立」の場合の教育費合計金額は1,690万円です。その内訳は、幼稚園67万円、小学校193万円、中学校422万円、高校291万円、大学717万円です。
          「小学校から私立」の場合の教育費合計金額は2,456万円です。その内訳は、幼稚園67万円、小学校959万円、中学校422万円、高校291万円、大学717万円です。
          「オール私立」の場合の教育費合計金額は2,547万円です。その内訳は、幼稚園158万円、小学校959万円、中学校422万円、高校291万円、大学717万円です。
          「※1」は、幼稚園、小学校、中学校、高校についての補足説明です。
          「※2」は、大学についての補足説明です。

  1. 数値は学習費総額(学校教育費+学校給食費+学校外活動費)
  2. 数値は入学費と在学費の合計(自宅通学)。私立は「文系」の数値
(出所)
文部科学省「平成30年度 子供の学習費調査」、日本政策金融公庫「令和元年度 教育費負担の実態調査結果」より監修者作成

これを見ると、幼稚園から大学まですべて公立に通った場合は、1,043万円ですが、すべて私立の場合は、2,547万円とすべて公立の場合の約2.4倍となることが分かります。

最近は中学校を受験する子どもも増えていますが、高校までは公立で、大学からは私立に通うというケースが比較的多いように思います。このケースでは、合計で1,261万円かかる計算になります。

さて、高校までの教育費で注目したいのは、塾代や習い事代などの学校外活動費が結構かかるという点です。文部科学省の「平成30年度 子供の学習費調査」によると、公立中学校の1年間の学費(=学校教育費)が13万8,961円、私立中学校の学費が107万1,438円となっており、学費は公立の方が圧倒的に安いことが分かります。しかし、学校外活動費のうち補助学習費については、公立が24万3,589円、私立が22万346円と、公立の方がやや高くなっています【図表2】。

【図表2】 中学校、高校でかかる教育費の内訳(年額)
区分 中学校
(公立)
中学校
(私立)
高校(全日制)
(公立)
高校(全日制)
(私立)
教育費(学習費)総額 48万8,397円 140万6,433円 45万7,380円 96万9,911円
うち学校教育費 13万8,961円 107万1,438円 28万487円 71万9,051円
うち学校給食費 4万2,945円 3,731円
うち学校外活動費
(補助学習費※1
24万3,589円 22万346円 14万7,875円 19万3,945円
うち学校外活動費
(その他の学校外活動費※2
6万2,902円 11万918円 2万9,018円 5万6,915円
  1. 自宅学習や学習塾・家庭教師などの費用
  2. 体験活動や習い事などの費用
(出所)
文部科学省「平成30年度 子供の学習費調査」より監修者作成

「公立を選べば学費が安いから安心」とのんびり構えていると、教育資金が足りなくなってしまうといったこともあり得ます。塾代や習い事代など、学費以外の費用がどれぐらいかかるかも考慮して教育資金を準備することが大切です。

大学資金は早くから準備する必要がある

一般的に教育費のピークは大学に通う期間となります。そこで、大学でかかる教育費についてもう少し詳しく見てみましょう【図表3】。

【図表3】 大学4年間でかかる費用
入学費用※1 在学費用※2 合計(①)
国公立 71.4万円 428万円 499.4万円
私立(文系) 86.6万円 630.4万円 717万円
私立(理系) 84.5万円 737.2万円 821.7万円

自宅外通学を始める費用※3 仕送り 合計(②)
一人暮らしにかかる費用 39.1万円 409.2万円 448.3万円

合計(①+②)
国公立 947.7万円
私立(文系) 1,165.3万円
私立(理系) 1,270万円
  1. 受験費用、学校納付金、入学しなかった学校への納付金
  2. 授業料や通学費、その他の学校教育費(教科書・教材費、学用品の購入費、施設設備費など)および家庭教育費
  3. 自宅外通学を始めるためにかかったアパートの敷金、家財道具の購入費など
(出所)
日本政策金融公庫「令和元年度 教育費負担の実態調査結果」より監修者作成

まず国公立大学の場合は、4年間でかかる費用の合計は499万4,000円(うち、入学費用が71万4,000円、在学費用が428万円)。私立大学の場合は、文系であれば、4年間の合計が717万円、理系(医学部を除く)であれば、実験や実習の多さなどから授業料が高く、821万7,000円となります。

さらに、大学進学を機に一人暮らしを始めることになると、アパートの敷金や家財道具の購入費、仕送り費用などが4年間の合計で448万3,000円必要となりますので、もともと在学費用が高い私立理系にいたっては、全体で1,300万円近くかかる計算になります。最近では、地方に住んでいる高校生が地元の大学を選ぶ「地元志向」が強まっているとも言われますが、大都市圏の大学を選ばない背景には、自宅外通学の費用の高さも影響しているのではないでしょうか。

このように、国公立か私立か、文系か理系か、一人暮らしをするかしないかで差はありますが、大学にかかる費用は総じて高額なため、大学資金は早い段階から準備しておく必要があるのです。高校までと同じようなやり繰りでは対応できないケースもままありますので、注意が必要です。

なお、「自分の大学時代の学費はこんなに高くなかったはず」と思った人もいらっしゃるかもしれません。実は、大学の授業料はこの40年間で、国立大学で約4倍、私立大学で約3倍に上がっているのです【図表4】。

【図表4】 大学授業料の推移

1979年の大学授業料は、国立大学14万4,000円、私立大学(文系)28万4,000円、私立大学(理系)38万3,000円でした。2019年の大学授業料は、国立大学53万5,800円※、私立大学(文系)79万7,835円、私立大学(理系)114万4,196円です。

  • 2019年理系は54万7,397円
(出所)
総務省統計局「小売物価統計調査(動向編/東京都)」より監修者作成

国立大学の授業料も、文部科学省が定める標準額(53万5,800円)の2割増までの範囲であれば、各大学が自由に金額を設定することが可能であり、実際、教育環境の充実などを理由に、五つの大学がここ2年で2割程度値上げしています。文部科学省の検討会議でも、現在、「授業料の自由化の是非」が議論されており、将来、子どもが大学に進学するころには、今よりも学費が上がっているケースを想定しておく必要があります。

つづく

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 俳優 高橋克実さん
  • 料理コラムニスト 山本ゆりさん
  • ヴァイオリニスト 宮本笑里さん
  • デザイナー・アーティスト 吉岡徳仁さん
  • タレント デヴィ・スカルノさん
  • デジタルクリエーター・ITエバンジェリスト 若宮正子さん
  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • 伝えたいこの一言~生きるために大切な力
  • 金融リテラシー 講義資料・講座