ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

子どもの教育費、どう準備する?

(「教育費」の積み立て方法)

教育資金のベースとして「児童手当」を積み立てる

では、具体的に大学資金をどのように準備したらよいのでしょうか。まず、わが子にどのような教育を受けさせたいのか、ご家庭の教育方針を家族で話し合っておくことが大切です。小学校から私立に通わせたいのか、中学校・高校は地元の公立なのか、大学はどうするのか。それらによって教育資金の目標額が大きく変わってきます。その際、家族で長期的なマネープランをしっかりと立てておくと、いざ進学する際に慌てないですみます。子どもの教育費とあわせて、生活費など毎月の支出、住宅購入や車の買替えといった大きな支出、今後の収入の見通しなども整理しておくとなお安心です。

教育方針を話し合い、進学のイメージを固め、目標額を定めたら、どう教育資金を準備するのか具体的な計画を立てます。大学への進学を考えている場合は、子どもが高校を卒業するまでと、大学進学以降の二つの期間に分けると考えやすいでしょう。

まず、子どもが高校を卒業するまでの計画です。将来の大学進学を考慮して、家計を工夫することで、できるだけ貯蓄をしましょう。例えば、月1万円を18年間積み立てれば200万円以上のまとまった金額になります。

また、子どもが中学校を卒業するまで支給される「児童手当」も、大学資金の一部として貯蓄しておきましょう。児童手当は、子どもが3歳未満のときは月額1万5,000円、3歳〜小学校修了までは同1万円(第3子以降は1万5,000円)、中学生の間は同1万円が支給されます(ただし、収入が一定以上の所得制限世帯には、0歳〜中学生まで月額5,000円が支給されます)。この児童手当には手を付けずに自動積立などで貯蓄していくと、子どもの中学校卒業までに約200万円(所得制限世帯でも約90万円)を貯めることができます。

例えば、私立大学・文系に自宅通学で進学する場合、前述の通り、大学4年間で717万円かかります【図表3】。家計の工夫で貯めた約200万円と児童手当を使わずに貯めた約200万円で合計400万円となり、教育費の半分以上を工面することができるのです。これであれば、残りのうち200万円を引き続き家計からのやり繰りで捻出し、100万円は子ども本人のアルバイトなどでまかなうといったことが可能になります。

「学資保険」や「つみたてNISA」の利用も検討する

比較的教育費の負担が少ない期間に、金融商品を利用してお金を準備するのも一つの手です。まずは、「学資保険」です。学資保険は保険会社が販売する商品で、毎月決まった保険料を支払い、加入時に設定したタイミングで満期保険金を受け取るという仕組みです。

現状の金融環境の下では、高い運用利回りはあまり期待できませんが、毎月、保険料が自動で引き落とされていくため、着実に教育資金を積み立てることができます。また、家計が苦しくなったときでも取り崩しにくく、結果として教育資金は守られることになります。親に万が一のことがあった場合にはそれ以降の保険料の払込みは不要になり、子どもは満期保険金を予定通り受け取れるという、保険ならではの備えがあることも見逃せません。

仮に子どもが0歳のときから学資保険に加入し、月々約1万円の保険料を15歳まで払い込むと、18歳のときに約200万円の満期保険金を受け取れます。児童手当を積み立てることで貯めた約200万円を合わせれば、先ほどと同様に400万円を達成できます。

ただし、学資保険には注意すべきポイントがあります。まず、契約途中で解約をすると、戻ってくる解約返戻金が払い込んだ保険料の総額よりも少なくなる可能性があります。とくに、契約してからの期間が短いほど元本割れの可能性が高くなりますので、満期まで続けることを前提に加入しましょう。

もう一つの注意点が、保険金の受取時期です。推薦入試で大学へ進学する場合、試験のタイミングが高校3年生時の10月から11月ごろと、一般入試より早く、入学金の納付時期も早いのです。多くの場合、学資保険の満期保険金の受取時期は「子どもが18歳になったとき」で設定しますが、推薦入試で進学先が決定してもまだ18歳になっていなければ、満期保険金は受け取れません。ですから、受取時期の設定は、推薦入試も想定して決めた方がよいでしょう。

また、「つみたてNISA」を利用するという方法もあります。つみたてNISAは、年間40万円を限度に最長20年間、資金を投資信託やETF(上場投資信託)で積立て・運用でき、税制優遇により、運用益が非課税になります。運用する投資信託やETFは金融庁が定めた一定の基準を満たした長期保有向きの銘柄に絞られており、手数料などのコストが低く抑えられています。

ただ、元本保証はありませんので、教育資金をすべてつみたてNISAだけで用意するのではなく、学資保険や預貯金などと組み合わせるとよいのではないでしょうか。

つづく

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 俳優 高橋克実さん
  • 料理コラムニスト 山本ゆりさん
  • ヴァイオリニスト 宮本笑里さん
  • デザイナー・アーティスト 吉岡徳仁さん
  • タレント デヴィ・スカルノさん
  • デジタルクリエーター・ITエバンジェリスト 若宮正子さん
  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • 伝えたいこの一言~生きるために大切な力
  • 金融リテラシー 講義資料・講座