ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

豊かな老後生活を送るために
あなたに合った退職金の運用方法を考える

(退職金の使い道)

老後生活の支えになる退職金 じっくり資金プランを立てる

高齢化が進む日本では、定年後、90歳、100歳まで元気に暮らすこともめずらしいことではありません。

しかし、老後が長くなった昨今、「老後生活を支えるのに十分な老後資金を確保できるのか」ということが、多くの人にとっての心配事になっています。

(老後資金を支える退職金)

老後資金を支えるものとしては、現役時代の貯蓄や公的年金などのほか、定年時に受け取る「退職一時金」(以下、退職金)があります。

退職金については、現在、退職給付制度のある会社のほとんどで支給されています。

支給金額の平均は1,800万円弱と大きいことから、老後生活を安心して過ごすためには、この退職金をいかに上手に守り、増やすかが大きなポイントとなります。

そこで今回はこの退職金を中心に、老後の資金プランについて考えていきましょう。

老後の資金は3つの「目的別」に分ける

老後の資金プランを立てるには、まずは使い道(支出)を考える必要があります。

ここでは、Aさんの例も合わせて考えてみましょう。

  • 退職金として1,800万円
  • 個人型確定拠出年金(以下、iDeCo)で450万円(45歳から毎月2万円を積み立て、利回り3%で運用した想定)
  • 合計2,250万円を60歳時に受け取る

老後に出ていくお金は、大別すると「生活資金」、「ライフイベント資金」、「介護費」の3つに分類できます。

(生活資金)

1つ目は「生活資金」。

ここでは食費や住居費といった日常生活費のほか、趣味や旅行に使う費用、及び医療費も含めて考えていきます。

(医療費)

医療費については、一般的に70~74歳では自己負担が2割に、75歳以上では1割と、現役時代よりも費用負担が軽くなります。

また、高額な医療費がかかったとしても、高額療養費制度を活用すれば全体として大きな出費にはなりにくく、医療費単体で大きな金額を備える必要性は必ずしも高くありません。

(配偶者が亡くなった後は)

なお、配偶者が亡くなった後の1人分の生活費については、夫婦2人の時の7割程度で見積もるとよいでしょう。

(生活資金を賄うお金)

生活資金を賄うお金は、基本的には65歳までは就労収入、65歳以降は公的年金になります。

足りない分はアルバイトなどで就労収入を確保するほか、場合によっては手元の資金を当面の生活資金に充てつつ、夫婦のどちらかが「年金の繰下げ」制度を利用し、受給額を増額することなども考えられます。

Aさんの場合
妻の年金の受取り開始を70歳まで繰り下げ、65歳から70歳までの生活資金はiDeCoの450万円で補うのもよいでしょう。
70歳以降の生活資金は、繰下げによって妻の公的年金が最大1.42倍に増額されるため、夫婦2人の年金で生活していくことは可能と思われます。

(ライフイベント資金)

2つ目は「ライフイベント資金」。

60代から70代前半までは意外とライフイベントの多い時期です。

子どもの結婚や孫誕生などへの資金援助、自宅のリフォーム、車の買替えなど、大きな出費を伴うイベントが目白押しのため、定年で収入が減るにもかかわらず、支出が増えがちです。

イベント出費により生活資金や介護費が圧迫されることのないよう、必要に応じてイベント関連の出費を抑える工夫も考えておきましょう。

Aさんの場合
このライフイベント資金は60歳から10年以内に使う分として、退職金のうち、900万円を以下のとおり割り振ります。
  • 家のリフォーム費 250万円
  • 子どもの結婚・子育て援助費 250万円
  • 家族での海外旅行費 200万円
  • その他の予備費 200万円

(介護費)

3つ目が「介護費」です。

生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査 平成30年」によれば、介護費用は1カ月平均約7万8,000円で、平均介護期間は4年7カ月。個人差が大きい費目ではありますが、上記平均介護費用・期間によれば、1人あたりの介護費は約430万円かかる計算になります。

Aさんの場合
上記介護費の数値を用いて計算し、退職金のうち900万円(430万円×2人分+α)を夫婦2人分の介護費として割り振ります。
なお、実際に介護費として使わなかった場合には、子どもや孫に相続し残すこともできます。

つづく


著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 教育評論家 尾木直樹さん
  • タレント はるな愛さん
  • 俳優 高橋克実さん
  • 料理コラムニスト 山本ゆりさん
  • ヴァイオリニスト 宮本笑里さん
  • デザイナー・アーティスト 吉岡徳仁さん
  • タレント デヴィ・スカルノさん
  • デジタルクリエーター・ITエバンジェリスト 若宮正子さん
  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • 伝えたいこの一言~生きるために大切な力
  • 金融リテラシー 講義資料・講座