ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

ビギナーズのためのファイナンス入門

第1講 ケータイ・市場・価格・品質

Dialogue 1 授業が終わって

有希「ケータイの料金が下がるんだって。」

「えっ、ほんとそれってありがたいな。」

有希「でも、まだまだ高いんじゃない。みんながじゃんじゃん使ってるんだから、電話会社はもうかっているはずだわ。もっと安くなってもいいのよね。」

「そうだな。」


先生「そう、いいところに気がついたじゃない。でも、一般的には需要が増えれば価格が上がり、需要が減れば価格は下がる傾向にあるんだけど、ケータイの料金の場合は逆ね。」

有希「先生、それは、需要が増えると、いろんな電話会社が激しく競争して、料金を下げてお客さんを自分の会社の利用者になってもらおうとするからじゃないんですか。」

先生「そのとおり。企業どうしの競争は消費者にとってプラスになるということね。」

「でも、料金を下げるばかりに夢中になって、製品やサービスの質が低下したり、それによって会社の信頼を失ったりすることはないんですか。」

先生「これまでにも、品質管理を怠って問題を起こした企業もあったのよ。欠陥がもとで事故でもあったら大変でしょ。」

Knowledge 1 市場の働き

「市場」には青果物の卸売市場のような現実の「いちば」と、外国為替市場などという場合の理念上の「しじょう」があります。この市場では、需要と供給が釣り合うところで価格が決定します。

供給量が需要量を上回れば価格は下がっていきますが、需要量が供給量を超えると価格は上がっていく傾向があります。

市場を中心とする経済では企業間の競争が必然的に起こります。競争は商品やサービスの価格や品質をめぐるものばかりでなく、広告やアフターサービスなどにもおよびます。競争がほどよく行われている間は消費者の利益にもなりますが、やがて競争は勝利者と敗者を生み出し、敗者は市場から撤退していかざるを得なくなります。

ケータイの料金市場はどうでしょう。通信事業の自由化以来、利用料金の値下げ競争が激化しています。基本使用料、インターネット接続時のパケット代、プロバイダー料などの他に、さまざまな有料の付加サービスがあります。無料通話や割引適用のしくみもあります。選択の目をしっかり持つことが肝心でしょう。

価格は需要と供給を決めるシグナルである


Skill 1

きょうのドルの相場はいくらになっていますか。新聞やニュースで確認してみよう。なぜ毎日変動するのか話し合ってみよう。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報