ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

ビギナーズのためのファイナンス入門

第3講 貯蓄・投資・リスク

Dialogue 3 家で

友香子「ボーナスどうしようかな。」

佐織「私にもおすそ分けをよろしくね!それにしても、アネキはしっかり貯めてるよね。」

友香子「貯めると言ったって、難しいのよ今は。ああどうしよう。思い切って外貨預金にしちゃうか、投資信託でも始めてみようかな。」

佐織「さすがだね。なんかオトナって感じ。外貨預金ってさ、ドルとかで貯金するんでしょ。」

友香子「あんた案外よく知ってるわね。でも、投資信託は知らないよね。」

佐織「トーシシンタク、なにそれ?」

友香子「株や債券を組み合わせて少額でも買える単位をプロが・・・」

佐織「何だかおもしろうそうじゃない。だけど儲かるときも損することもあるんじゃない?」

友香子「そうよ。そのとおり。でも最近は私みたいなOLも買ってるのよ。まあリスクを考える必要はあるわね。」

佐織「え、リスクってなあに?・・・・」


Knowledge 3 貯蓄や投資とリスク

1996年、政府はフリー・フェア・グローバルの3原則によって金融ビッグバンに取り組むことを打ち出しました。

ビッグバンとは宇宙誕生の大爆発のことで、金融サービスに関連する銀行などの金融機関、保険会社、証券会社のすべてにわたり、政府の規制を極力排除し、自由な営業活動を認めようとするものです。その結果、従来は証券会社でしか扱われなかった投資信託が銀行で販売されたり、一般個人向けの外貨預金が解禁されたり、インターネット証券会社が参入するなどの動きがありました。

「金融商品」とは聞き慣れない言葉ですが、定期預金、外貨預金、生命保険、投資信託などの金融関連の取扱品を指し、消費者の手持ち資金を有利に運用するために、多様な「金融商品」が販売されるようになりました。

消費者にとっては選択の幅が拡大し、利便性も向上するなどいいことばかりのようですが、一方で、正確な情報による商品選択が求められるようになったことも見逃せません。その商品を選択したことによるリスク(将来価値の減少などの危険)の有無や、金融機関などの経営の安全性にも気を配る必要があります。

1世帯当たり種類別金融資産保有額<二人以上世帯>


Skill 3

銀行や保険会社、証券会社の情報を新聞広告やインターネットなどから収集し、その表現や選択の際の注意事項などを調べてみよう。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報