ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

やさしいデリバティブ

デリバティブの起源

デリバティブは最先端かつ超難解な金融技術のようなイメージがあります。ところが、意外にもデリバティブの起源は古く、江戸時代、さらには古代ギリシャ時代にも遡るといわれています。

デリバティブの説明をはじめる前に、まずは、はるか昔の社会のデリバティブ取引をのぞいてみることにしましょう。

デリバティブそもそも ~デリバティブの起源を遡れば~

大阪堂島の米市場

時は江戸時代、大阪は堂島。米商人たちの間で、米の売買価格を収穫前にあらかじめ決める取引(「帳合(ちょうあい)米取引」とよばれます)が行われていました。

米の価格というのは天候、天災などの要因で常に変動します。米商人たちはその価格を安定させたいと考えたのです。

そしてこの帳合米取引によってあらかじめ米の売買価格を決めておくことで、思わぬ相場の乱高下がおきて損をするかもしれないという不安を取り除くことができたのです。いわば、米商人たちのリスクヘッジです。

さらに、米の値上がりを見越して買い付けておいたり、米の値下がりを見越して売り付けておくなど、取引を利用して利益を狙う参加者も現れました。

現在のデリバティブの1つである先物取引の原型ともいえる取引が18世紀の日本で行われていたのです。
先物取引

古代オリーブ絞り機

古代ギリシャの哲学者ターレスは、ある年、天文学の知識をもって翌年のオリーブが豊作となることを予見し、オリーブの絞り機を借りる権利をあらかじめ買っておきました。

その翌年、ターレスの見込みどおりオリーブは豊作となり、オリーブ搾り機の需要は拡大し借り入れ料は上昇しました。

そこでターレスはオリーブ絞り機を約束どおりの値段で借り入れ、自分が借り入れた値段より高い値段で人々に貸し出すことで、大きな利益を手に入れたと言われています。

これは現在のデリバティブでいえば、オリーブ絞り機のオプション取引ともいえるもので、このようにはるか昔にデリバティブ取引の萌芽を見出すことができるのです。
オプション取引

江戸時代の米取引にしても、哲学者ターレスのオリーブ絞り機にしても、時代・社会は違えども、わたしたちの生活からかけ離れたものではなく、デリバティブの根本は常識で理解できるものなのです。

必要から生まれた知恵が時代を経て、デリバティブは現代の新しい金融取引として確立し、そして今も日々進化しています。

さっそく、デリバティブとはどのようなものか、デリバティブの世界をひも解いていきましょう。

著名人・有識者が語る

  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報