ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

やさしいデリバティブ

3 オプション取引

3-4 オプション取引の損益

オプションの“買い手”は当初オプション・プレミアムを支払ってオプションを購入すれば、その後自分の得になるようにだけ行動すればよいのですから、損失はプレミアムまでに限定されています。

一方、オプションの“売り手”は、当初プレミアムを受取ることができますが、相手(買い手)が得する状況になったときには、その権利行使に応じなければならないので、損失を負い、かつそれが無限に大きくなる可能性があります。保険のしくみに例えると、保険会社の立場に似ています。売り手には権利ではなくこうした義務が発生するので、リスクが大きいことを認識しておかなければなりません。

オプション取引では、コールオプションでもプットオプションでも、買い手は損失が限定されているため証拠金の払込は必要ありませんが、売り手には、先物取引と同様に損失が無限大に拡大する恐れがあるため、取引当初に証拠金を払い込む必要があります。

コールオプションもプットオプションも
オプションの売り手に権利はない

オプションを売るということは、相手に権利を与えるということです。オプションの売り手には権利はなく、相手の要望に応える義務があることとなります。

コールオプションの売りであれば、行使価格で買うか買わないか好きなほうを選んでいいよ、という権利を相手に与えることになります。

買い手が権利行使するのは市場価格が上昇したときに行使価格にて安く買うためですから、裏を返せば売り手の立場から見ると、市場価格よりも安い行使価格で売らなければならない状況のときです。権利を与えた立場の売り手は損をすることになりますが、買い手の権利行使に必ず応じなければなりません。

逆に、市場価格が下がった場合、買い手は「市場価格よりも高い行使価格で買う権利」なんて放棄するので売買は行われることはなく、売り手には当初受取ったプレミアムが利益となります。

プットオプションの売りの場合も同様に、行使価格で売るか売らないか選んでいいよ、という権利を与えるのですから、買い手の権利行使に応じるときは買い手が市場価格よりも高く売ることができるとき、つまり売り手は市場価格よりも高く買わなければならない状況のときです。

この場合、売り手は損をすることになりますが、買い手の権利行使に応じる義務があります。

次に、各オプションの買い手・売り手の双方について、その損益をやや詳しくみていくことにします。初めは難しく感じられるかもしれませんが、グラフや表も併せて何回かみていくうちに、きっとわかってきます。

<以下ではA子さんが、B男君を相手に、オプションを購入する。行使価格は1,000円、プレミアムは100円とします。>

コールオプション

コールオプションの買い手

A子さんは、原資産(たとえば金)が値上がりするとみて、B男君からコールオプション(=原資産を買う権利)を購入しました。そしてその後、予想どおり 原資産の市場価格1,200円と行使価格( 1,000円)より 値上がりをしました。

そこでA子さんは、買う権利を行使して B男君から行使価格の 1,000円 で買いそれを市場で 1,200円 で売れば、200円の差益が稼げ、プレミアムの支払(100円)を差引いても以下の利益が得られます。

買い手の損益 = 原資産の市場価格 - 行使価格 - プレミアム

(100円)  (売り値= 1,200円) (買い値= 1,000円) (100円)

そしてこの利益は、原資産が値上がりするほど大きくなります。

一方予想に反し、 原資産の市場価格が例えば 950円値下がりし行使価格( 1,000円)よりも割安になってしまうと、A子さんはB男君から行使価格の 1,000円で買っても 950円でしか売れず儲けられないので、買う権利を放棄します。この場合は当初支払ったプレミアムの100円が損失となります(損失は、それ以上は増えません)。

原資産の市場価格>行使価格

権利行使!
(損益 = 原資産の市場価格 - 行使価格 - プレミアム)



原資産の市場価格≦行使価格

権利放棄
(損失はプレミアム金額まで)


注)原資産の市場価格=行使価格のとき、買い手は権利行使してもしなくてもよいのですが、実際の行使には手数料等の費用がかかることから、一般的に権利放棄します。したがって、この場合も権利放棄としています。

コールオプションの売り手

コールオプションの売り手のB男君にとっては、これらが正反対になります。

まず、原資産の市場価格1,200円と行使価格( 1,000円)より 値上がりをすれば、相手のA子さんはB男君から 1,000円で買う権利を行使してきますのでこれには応じざるを得ません。この場合、 原資産を市場価格の 1,200円 で調達し、それより安い 行使価格の 1,000円 でA子さんに売ることを余儀なくされるので、200円の逆鞘が発生します。プレミアムの受取りがありますが、全体の損益は、

売り手の損益 = 行使価格 - 原資産の市場価格 + プレミアム

(-100円) (売り値= 1,000円)   (買い値= 1,200円) (100円)

となり、通常損失が発生します。この損失は、原資産の市場価格が高くなるほど多額となりその上限もない点に、十分注意する必要があります。

一方 原資産の市場価格950円と行使価格( 1,000円)より 値下がりをすれば、A子さんは 1,000円で買うという権利を放棄するので、B男君にとっては当初受取ったプレミアムがそのまま利益になります。

原資産の市場価格>行使価格

権利行使される!
(損益 = 行使価格 - 原資産の市場価格 + プレミアム)



原資産の市場価格≦行使価格

権利放棄される
(利益はプレミアム金額まで)


コールオプションの損益

グラフで見ると次のようになります。

行使価格1,000円、プレミアム100円の例

行使価格1,000円、プレミアム100円の例

行使価格=1,000円で買う権利
買い手の損益
原資産の
市場価格
900 950 1000 1050 1100 1150 1200 1250
権利行使・放棄
による損益
(a)
権利放棄する 権利行使する
0 0 0 +50 +100 +150 +200 +250
プレミアム支払
(b)
-100 -100 -100 -100 -100 -100 -100 -100
最終的な損益
(a)+(b)
-100 -100 -100 -50 ±0 +50 +100 +150

行使価格=1,000円で売る義務
売り手の損益
原資産の
市場価格
900 950 1000 1050 1100 1150 1200 1250
相手の権利行使・放棄
による損益
(a)
権利放棄される 権利行使される
0 0 0 -50 -100 -150 -200 -250
プレミアム受取
(b)
+100 +100 +100 +100 +100 +100 +100 +100
最終的な損益
(a)+(b)
+100 +100 +100 +50 ±0 -50 -100 -150

プットオプション

プットオプションの買い手

今度は、A子さんは、原資産が値下がりするとよみ、B男君から、プットオプション(=原資産を売る権利)を買いました。

すると予想どおり 原資産の市場価格が例えば 750円と行使価格( 1,000円)より 値下がりをしました。そこでA子さんはB男君に売る権利を行使することとし、原資産を 市場価格( 750円 )で調達し、より高い 行使価格( 1,000円 )でB男君に売却しました。この場合、A子さんは、

買い手の損益=行使価格-原資産の市場価格-プレミアム

(150円) (売り値=1,000円) (買い値=750円) (100円)

の利益が得られます。そしてこの利益は、原資産の市場価格が安くなるほど大きくなります。

一方、予想に反し 原資産の市場価格1,100円と行使価格( 1,000円)より 値上がりをすれば、A子さんは 1,000円でB男君に売るために 1,100円で仕入れると逆鞘になるため、 1,000円で売るという権利は放棄をします。その場合は当初支払ったプレミアム(100円)が損失になります(損失は、それ以上は増えません)。

原資産の市場価格<行使価格

権利行使!
(損益=行使価格-原資産の市場価格-プレミアム)



原資産の市場価格≧行使価格

権利放棄
(損失はプレミアム金額まで)


注)原資産の市場価格=行使価格のとき、買い手は権利行使してもしなくてもよいのですが、実際の行使には手数料等の費用がかかることから、一般的に権利放棄します。したがって、この場合も権利放棄としています。

プットオプションの売り手

プットオプションの売り手のB男君には、これらが逆になります。

まず、 原資産の市場価格 750円と行使価格( 1,000円)より 値下がりをすれば、相手のA子さんはB男君に 1,000円で売る権利を行使してきます。これには応じざるを得ず、A子さんから 高く( 1,000円 )買って市場に 安く( 750円 )売ることを余儀なくされるため、

売り手の損益=原資産の市場価格-行使価格+プレミアム

(-150円) (売り値=750円)  (買い値=1,000円)   (100円)

となり、通常損失が発生します。この損失は、原資産の市場価格が安くなるほど多額となりその上限もない点に、十分注意する必要があります。

一方 原資産の市場価格1,100円と行使価格( 1,000円)より 値上がりをすれば、A子さんは 1,000円で売る権利を放棄するので、B男君には当初受取ったプレミアムがそのまま利益になります。

原資産の市場価格<行使価格

権利行使される!
(損益=原資産の市場価格-行使価格+プレミアム)



原資産の市場価格≧行使価格

権利放棄される
(利益はプレミアム金額まで)


プットオプションの損益

グラフで見ると次のようになります。

行使価格1,000円、プレミアム100円の例

行使価格1,000円、プレミアム100円の例

行使価格=1,000円で売る権利
買い手の損益
原資産の
市場価格
750 800 850 900 950 1000 1050 1100
権利行使・放棄
による損益
(a)
権利行使する 権利放棄する
+250 +200 +150 +100 +50 0 0 0
プレミアム支払
(b)
-100 -100 -100 -100 -100 -100 -100 -100
最終的な損益
(a)+(b)
+150 +100 +50 ±0 -50 -100 -100 -100

行使価格=1,000円で買う義務
売り手の損益
原資産の
市場価格
750 800 850 900 950 1000 1050 1100
権利行使・放棄
による損益
(a)
権利行使される 権利放棄される
-250 -200 -150 -100 -50 0 0 0
プレミアム受取
(b)
+100 +100 +100 +100 +100 +100 +100 +100
最終的な損益
(a)+(b)
-150 -100 -50 ±0 +50 +100 +100 +100

QUIZにチャレンジNo.3

ケンタくんは6ヵ月後に売買する○△社の株式のコールオプションを購入しました。行使価格5,000円のコールオプションのプレミアムは300円でした。6ヶ月後の株価の変化を想定して、ケンタくんの損益を考えてみましょう。

Q1.6ヶ月後の○△社の株式の市場価格は5,500円になりました。

Answer

Q2.6ヶ月後の○△社の株式の市場価格は4,500円になりました。

Answer

次のシミュレーションで試してみましょう。

オプション取引のシミュレーション

○△社の株式について、オプション取引の簡単なシミュレーションをしてみましょう。

1. いずれのオプション取引を行いますか?

コールオプションを買う。
コールオプションを売る。
プットオプションを買う。
プットオプションを売る。

2. 行使価格とオプションプレミアムを選びましょう。


行使価格 オプションプレミアム


3. 6ヶ月後、○△社の株式の市場価格がいくらになるか、入力してください(半角英数)。

6ヶ月後の市場価格
ランダムに発生させたい
場合にはボタンをクリック


4. このオプション取引によって発生する損益を計算します。 STARTボタンを押してください。



損益 円です。
【解説】


(注意) このシミュレーションではオプション取引の仕組みを理解するため、行使価格、プレミアム、6ヵ月後の市場価格を自由に設定できますが、実際の取引ではすべて市場動向に基づきます。また、取引手数料等を考慮していません。

著名人・有識者が語る

  • プロサッカー選手 中村憲剛さん
  • 脳科学者 中野信子さん
  • 作家 上橋菜穂子
  • 落語家 林家たい平さん
  • 劇作家・演出家・女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学・先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手/長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者・評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣宏さん
  • 医学博士 日野原重明さん
  • 山形弁研究家、タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医、立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東眞理子さん
  • プロスキーヤー、クラーク記念国際高等学校校長 三浦雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤孝さん
  • マラソンランナー 谷川真理さん
  • 数学者 秋山仁さん
  • TVキャスター 草野仁さん
  • サッカー選手 澤穂希さん
  • ピアニスト 梯剛之さん
  • 女優 竹下景子さん
  • 食育研究家 服部幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野大さん
  • 登山家 田部井淳子さん
  • 音楽家 タケカワユキヒデさん

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • YouTube
  • メディア情報