ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

わたしを守る「生命保険」

2. 上手に選ぼう

(5) 生命保険をどこで買うか

「生きるために」あるいは「死んだときのために」、保険を契約しようと決めたら、次は、どこで買う(契約する)かを考えます。

生命保険は、いろいろなところで買うことができます。

以前は、保険会社の営業職員を通して契約するのが一般的でしたが、いまは、保険ショップ、代理店、銀行、インターネットなど、様々なチャネルを通じで契約できます。会社員の場合は、勤務先で契約できる保険(団体保険など)もあります。

保険をどこで買うのがいいか、自分に合っているのはどのチャネルか、それぞれの特徴を知って選びましょう。

直近加入契約(民間の保険)の加入チャネル(平成30年調査)

生命保険の加入チャネル(加入経路)は、生命保険会社の営業職員53.7パーセント、通信版売6.5パーセント、生命保険会社の窓口2.9パーセント、郵便局の窓口や営業職員4.2パーセント、銀行・証券会社を通して5.4パーセント、保険代理店の窓口や営業職員17.8パーセント、勤め先や労働組合等を通じて3.4パーセント、その他5.6パーセント、不明0.6パーセントです。

(出所)
「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」より筆者作成

どこで買うか① 保険ショップ

保険ショップは、保険の加入や見直しの相談窓口として人気があります。FPの資格を持ち、マネー相談全般に応じてくれる販売員を配置していることが多く、都市部のショッピングセンターや駅近など、人が多く集まる場所に「来店型店舗」を構えています。中には、お客さま指定のカフェや自宅を訪問して、保険やお金の相談にのるショップもあります。

ひとつの保険会社の保険を扱う代理店や営業職員と比べると、扱っている保険の種類の多いことが魅力です。また、投資信託などの金融商品を扱っているショップもあります。

説明は、FP資格を持った販売員が行うことが多く、教育資金、住宅資金、老後資金などのマネー相談に幅広く応じてくれますが、保険に関するアドバイスが中心になります。中には、会場を借りて、マネーセミナーやマネー相談を無料で実施している保険ショップもあります。こうしたセミナーを利用する際は、保険を販売する目的が含まれることを十分認識したうえで参加しましょう。

1回の来店や説明で契約せず、提案された資料を持ち帰りましょう。インターネットで他の保険と比べたり、専門家(たとえば、自らは保険の販売をしていない中立的なFP)に相談したり、じっくり考えてから契約しましょう。

7. (6) 困ったときは専門家に相談しよう

どこで買うか② 保険会社の営業職員

自宅や勤務先を訪問したり、友人や家族の紹介を通じカフェなどで直接会い、自社の保険商品を販売するのが保険会社の営業職員です。

営業職員が販売する保険は、代理店やインターネットで販売される保険より保険料が高いものが多いため、それに見合うサービスを受けられるかどうかがポイントになります。

同じ保障内容の保険商品でも、どの会社のどの営業職員から買うかで、契約後のサポートが変わってきます。自社だけでなく他社の保険商品もよく知っている、分かりやすく説明する力がある、金融全般やライフプランに関する深い知識を持っている営業職員が望ましいでしょう。そして何より誠実な人を選びたいですね。

説明を受けるときや契約するときは、営業職員と1対1で会うより、家族や友人に同席してもらうと安心です。

どこで買うか③ 銀行

銀行でも保険を買うことができます。医療保険なども扱っていますが、年金保険など貯蓄型の保険や、外貨建ての保険など投資型の保険に力を入れる傾向があります。店頭で契約する保険と、インターネットでも契約できる保険とがあります。銀行によって、取り扱う保険商品は大きく違います。

以下は、ある銀行が販売している生命保険の種類の例です。「生きるための保険」も、「死んだときのための保険」も、ひととおりそろっています。

  • 終身保険(4種類:ドル建て保険3種を含む)
  • 定期保険(2種類:収入保障保険を含む)
  • 医療保険(5種類)
  • がん保険(2種類)
  • 生活習慣病保険(2種類)
  • 就業不能保険(2種類)
  • 認知症保険(1種類)
  • 介護保険(3種類:ドル建て2種を含む)
  • 個人年金保険(4種類)
  • 一時払い個人年金保険(6種類:外貨型を含む)
  • 子ども保険(3種類:外貨型を含む)

お金を貯める目的の「終身保険」、「年金保険」、「子ども保険」が充実しています。日本は歴史的な低金利が続いて預金ではお金を増やしづらい(利息がほとんどつかない)ため、「貯める」、「増やす」を目的とした保険をそろえていることが分かります。

ただし、ドルなどの外貨のものや、「変額」と名がつく保険は、通常の保険(円建てで、あらかじめ利率が決まっているタイプ)にはないリスクがあります。「銀行で扱っているから元本が減らない安全な商品」ではないことに注意してください。

また、外貨や変額の保険を一時払いで契約すると、月払いや年払いに比べて、円高や株式相場の下落で損をするリスクが大きくなります。これは必ず知っておいてください。

4. 保険で貯めるメリットとデメリット

銀行で保険を勧められたときも、即決してはいけません。いったん持ち帰り、家族や友人に相談しましょう。自分で判断するのが難しいと思ったら、保険を販売していないFPなど中立的な専門家に相談するといいでしょう。

どこで買うか④ インターネット

まだ、新規保険契約のうちの7%弱ですが、確実に増えてきているのがインターネットで契約する生命保険、いわゆる「ネット保険」です。スマートフォン世代が保険に加入する年齢になり、今後、加入率はさらに上がるでしょう。

ネット保険の魅力は、シンプルで保険料が安いことです。保険の専門家ではないふつうの人がウェブサイトを見て仕組みが理解できる、保険料を試算できる、ひとりで申し込みができるように、保険がシンプルにつくられています。また、店舗や営業職員を持たないことで、運営コストを抑えています。

保険の選び方や保険料、保険期間など分からないことがあれば、コールセンターに電話して質問しましょう。メールやチャットでの質問もできます。「○○の商品がよく分からないので、教えてください」と尋ねるといいでしょう。また、加入をほぼ決めた段階では、「こういう目的で、こういう保険に入ろうと考えているのですが、合っていますか」、「この保険に入るとき、気をつけることを教えてください」と確認するといいですね。

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 教育評論家 尾木直樹さん
  • タレント はるな愛さん
  • 俳優 高橋克実さん
  • 料理コラムニスト 山本ゆりさん
  • ヴァイオリニスト 宮本笑里さん
  • デザイナー・アーティスト 吉岡徳仁さん
  • タレント デヴィ・スカルノさん
  • デジタルクリエーター・ITエバンジェリスト 若宮正子さん
  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • 伝えたいこの一言~生きるために大切な力
  • 金融リテラシー 講義資料・講座