ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

わたしを守る「生命保険」

3. 年代別、ライフスタイル別に保険を選ぶ、見直す

(4) 結婚で一方が仕事をやめたら、死亡保障をプラスする

結婚して夫婦の一方が仕事をやめたときには、「医療保険」に加えて、「定期保険」に入るといいでしょう。働き手が亡くなると、一家の収入が途絶え、残されたほうが生活に困ってしまいます。

18歳以下の子(注1)がいる夫が亡くなると(会社員でも、自営業でも)、妻には「遺族基礎年金」が支払われます。子がいないと支払われません。専業主婦の妻が亡くなっても、稼ぎ手である夫には、「遺族基礎年金」は支払われません。夫が会社員なら、子どもがいるかいないかにかかわらず、「遺族厚生年金」が、妻に支払われます(注2)。いずれの場合も、公的な年金だけで、遺族がそれまでと同じレベルの生活をするのは、難しいでしょう。

そうした場合に備えて、働いている方は、万一自分が死んでも、3~5年くらいはパートナーが生活できるお金を残しておきたいところです。そうすれば、パートナーは、その間に働き始めるなど、生活を立て直すことができます。

遺族年金を考えた上で、1年あたり300万円の生活費を残したいなら、900~1,500万円の死亡保障を10年間の「定期保険」で契約するといいでしょう。子どもが生まれたら改めて保障内容を見直します。「定期保険」は、金額と期間だけを決めればよいシンプルな保険です。ネットで契約すれば、保険料を安く抑えることができます。

(注1)
18歳到達年度の3月末を迎えていない未婚の子、または、20歳未満で障害年金の障害等級1・2級のいずれかに該当する未婚の子。
(注2)
厚生年金の加入者が亡くなったとき、子があるか、配偶者である妻、または、55歳以上の配偶者である夫に対し、遺族厚生年金が一生(または再婚するまで)支払われます。ただし、妻が30歳未満で子がない場合は、受け取り期間は5年です。

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 教育評論家 尾木直樹さん
  • タレント はるな愛さん
  • 俳優 高橋克実さん
  • 料理コラムニスト 山本ゆりさん
  • ヴァイオリニスト 宮本笑里さん
  • デザイナー・アーティスト 吉岡徳仁さん
  • タレント デヴィ・スカルノさん
  • デジタルクリエーター・ITエバンジェリスト 若宮正子さん
  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • 伝えたいこの一言~生きるために大切な力
  • 金融リテラシー 講義資料・講座