ナビゲーションをスキップして本文へ

これより本文です

わたしはダマサレナイ!!

第56話 借金をさせて強引に契約を結ばせる!若者を狙うクレ・サラ強要商法

point1  相談件数の7割が10歳代~20歳代 お金を儲けるはずが高額の借金に

クレ・サラ(クレジット・サラ金の略)強要商法とは、高額な契約を「お金が無い」と言って断る消費者に対して、事業者がカードローンやクレジットカードのキャッシングなどの借金を促し、強引に契約を結ばせる悪質な手口をいいます。近年、金融知識に乏しく借金を軽く考えがちな若者がこの手口で狙われることが多くなっています。2020年度、全国の消費生活センターなどに寄せられた相談件数のうち10歳代~20歳代の割合は7割にもなります。また、成人となり親権者(親など)の同意無くお金が借りられる20歳代の相談件数は、そうした同意が無いとお金を借りられない10歳代の約25倍に達しています。こうした状況を踏まえると、2022年4月の成年年齢引下げによって新たに成人となる18歳、19歳および親権者の備えが急務です。

クレ・サラ強要商法はさまざまな悪質商法の手口として使われ、とくに情報商材(副業や投資等で高額収入を得るためのノウハウなどと称して、インターネットで販売されている情報)やマルチ商法、暗号資産による投資などお金儲けに関連した契約で多くの相談が寄せられています。そのほか痩身や脱毛などのエステティックサービスでもこうしたトラブルが見られます。また、友人から儲け話を紹介され、親しいが故に警戒心が薄れ話をうのみにして、契約や借金をしてしまったケースも少なくありません。

point2  借入れさせるため貸金業者への虚偽申告を仕向ける悪質なケースも

この手口の主な手法は、投資などの商品で儲かるかどうか不確実であるにもかかわらず、事業者が「必ず儲かるので借金をしてもすぐに返済できる」などと説明。消費者に貸金業者への借入れを促したり強要することで契約代金を支払わせるというものです。契約するまで事業者から帰してもらえず、威圧的な態度を取られて断り切れなかったという報告もあります。また、事業者が契約代金を確実に手に入れるため貸金業者まで連れて行ったり、条件的に借入れが難しい消費者に年収や職業などを虚偽申告させるなど悪質なケースも見られます。貸金業者の借入れ上限額より高額な契約の場合は、複数の貸金業者から同日に借入れさせることもよくある手法です。借金をして契約した消費者に新たな契約を次々と迫り、断れずに高額な借金を背負ってしまった深刻なケースも見られます。

【事例①】

SNSで知り合った人が、投資用教材ソフトで儲けた話をしてきて、担当者を紹介された。担当者に会うと「必ず儲かる」と説明されたが、高額な契約代金を聞いて「フリーターなのでお金が無い」と断った。しかし担当者から「話を聞いておきながら『金が無いからできません』とは何事だ」、「みんな借金して契約しているが稼いですぐ返済している」と威圧的に言われ、断れずに借金をして契約することに。結局儲からず、高額な借金が残った。

【事例②】

エステの無料体験を受けた後、高額なコースを勧められた。「お金が無いから支払えない」と断っても帰してもらえず、押し切られて契約することに。店員に「現金なら割引する」と言われてキャッシングして支払ったが解約したい。

point3  望まない契約は「いりません!」ときっぱり断ることが大切

特定商取引法では、事業者が契約締結のため消費者に行う以下の行為を禁止しています。

  • 年収など支払い能力に関する虚偽の申告をさせる。
  • 消費者の意に反して貸金業者の営業所などに連れて行く。
  • 金銭の借入れなどに係る契約を締結させるために、迷惑を覚えさせるような仕方で執拗に勧誘する。

しかし事業者の悪質な商法が理由であったとしても、いったん貸金業者からお金を借りてしまうと、貸金業者への返済義務を取り消せる可能性は極めて低いのです。そのため、多額の借金を負い長期間にわたり経済的に支障を来す恐れがあるクレ・サラ強要商法では、未然防止が重要になります。

防止策としてまず、「必ず儲かる投資など無い」と考え、たとえ友人や知合いからの紹介でもおいしい話をうのみにしてはいけないということです。望まない契約なら「お金が無い」という断り方ではなく、「いりません」、「やめます」ときっぱり断ることが大切です。また望まない契約とまでは言えないとしても、借金をしてまで契約をする必要が本当にあるのか、借金の返済ができるのかなど落ち着いて考えるためにその場では契約せず、家族や信頼できる人に相談することをお勧めします。そして、特定商取引法の禁止行為を行う事業者との契約は避けましょう。

こうした消費者トラブルに遭ってしまった場合や、契約に関して少しでも不安や不審に思うことがあれば、消費者ホットライン188にすぐ相談しましょう。

マンガで分かりやすく解説!

マンガ まきのこうじ

第56話 借金をさせて強引に契約を結ばせる!若者を狙うクレ・サラ強要商法(PDF 12,100KB)

監修:
NACS消費者相談室 大井 菜子

スマートフォンでマンガ!電子ブックで金融トラブル防止について学ぼう。

第56話の内容を電子ブック(epub形式)として読むことができるようになりました。
詳しくは以下のリンクまたはQRコードから。

借金をさせて強引に契約を結ばせる!若者を狙うクレ・サラ強要商法

QRコード


関連サイト

「借金をさせて強引に契約を結ばせる!若者を狙うクレ・サラ強要商法」に関連する情報として、以下もご覧ください。

万一の相談先

消費者ホットライン

☎188(「いやや!」と覚える)

※ 最寄りの消費生活センターや消費生活相談窓口につながります。相談受付時間は相談受付先によって異なります。

くらしに身近な金融知識をご紹介する「くらし塾 きんゆう塾」

「わたしはダマサレナイ!!」のほかにもお役立ち連載がいっぱいです。

著名人・有識者が語る一覧をみる

  • 教育評論家 尾木直樹さん
  • タレント はるな愛さん
  • 俳優 高橋克実さん
  • 料理コラムニスト 山本ゆりさん
  • ヴァイオリニスト 宮本笑里さん
  • デザイナー・アーティスト 吉岡徳仁さん
  • タレント デヴィ・スカルノさん
  • デジタルクリエーター・ITエバンジェリスト 若宮正子さん
  • 元新体操選手・タレント 畠山愛理さん
  • 俳優 内野聖陽さん
  • 歌手・俳優 石丸幹二さん
  • 俳人 夏井いつきさん
  • 女優 山村 紅葉さん
  • 料理研究家 土井 善晴さん
  • IT企業役員・タレント 厚切りジェイソンさん
  • プロサッカー選手 中村 憲剛さん
  • 脳科学者 中野 信子さん
  • 作家 上橋 菜穂子さん
  • 落語家 林家 たい平さん
  • 劇作家 演出家 女優 渡辺 えりさん
  • 青山学院大学陸上競技部監督 原 晋さん
  • 東京女子医科大学 先端生命医科学研究所教授 清水 達也さん
  • 元スピードスケート選手 長野五輪銅メダリスト 岡崎 朋美さん
  • 工学博士 石黒 浩さん
  • 日本体育大学教授 山本 博さん
  • 編集者 評論家 山田 五郎さん
  • 作家 荒俣 宏さん
  • 医学博士 日野原 重明さん
  • 山形弁研究家 タレント ダニエル・カールさん
  • 公認会計士 山田 真哉さん
  • タレント パトリック・ハーランさん
  • 精神科医 立教大学教授 香山 リカさん
  • 野球解説者 中畑 清さん
  • 順天堂大学准教授 鈴木 大地さん
  • 昭和女子大学理事長・学長 坂東 眞理子さん
  • プロスキーヤー クラーク記念国際高等学校校長 三浦 雄一郎さん
  • 明治大学文学部教授 齋藤 孝さん
  • マラソンランナー 谷川 真理さん
  • 数学者 秋山 仁さん
  • TVキャスター 草野 仁さん
  • サッカー選手 澤 穂希さん
  • ピアニスト 梯 剛之さん
  • 女優 竹下 景子さん
  • 食育研究家 服部 幸應さん
  • おもちゃコレクター 北原 照久さん
  • 宇宙飛行士 山崎 直子さん
  • 早稲田大学名誉教授(工学博士) 東日本国際大学副学長 エジプト考古学者 吉村 作治さん
  • 工学博士 淑徳大学教授 北野 大さん
  • 登山家 田部井 淳子さん
  • 音楽家 タケカワ ユキヒデさん
  
  • Let's チョイ読み!

おすすめコンテンツ

  • くらし塾 きんゆう塾
  • 刊行物のご案内
  • 金融経済教育推進会議
  • ナビゲーター
  • 伝えたいこの一言~生きるために大切な力
  • 金融リテラシー 講義資料・講座